シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

こねない???パンを焼きました。

ハム太の朝ごはんは食パンが主食です。
ちなみに、昼は麺類、夜はおかゆにしていますが、パンが一番好きみたいです。

うちの近くにパン屋さんは数軒あるのですが、「ここ!」と決めたいほどのお気に入りはありません。
なので、出先などいろんなところで食パンを買い求める日々。

先日、図書館で栗原はるみさんの雑誌「haru-mi」を見つけ、「こねないパン」のレシピが載っていたので借りてみました。「こねないパン」といえば、何年か前に、海外の方だったと思うのですがレシピを紹介されているのをみて、一度作ってみたいと思っていたのです。

しかし、こねるのもこねないのも、パン作りは初めて。
発酵という過程が入ると、おかし作りより数段ハードルが高く思えて・・・ドキドキしながら挑戦しました。

でも、材料もお菓子よりシンプルだし、紹介されいてるレシピはすごく簡単に見える。
ただ、水やら部屋の温度にも気を配らないといけないのが、お菓子と違うところですかね。
(いや、お菓子でも気を配るのかもしれませんが、わたしはそこまで難易度の高いものは作らないので・・・)

お部屋が寒かったのですが、発酵には30度くらいの場所がいいと書かれていたので、湯たんぽを作って布団の中に入れることにして、パンのベッドを用意する下準備。水も、何度かくみなおして(温度計がないので)25度ってこれくらいかな、とあたりをつけて。

粉はふるうと書いてないけど、いいの? あ、パン屋さんもあんなに大量の粉はふるってないよね、だから大丈夫だよね・・・・とヘラでこねこねしていたら、なんだか水っぽい。あ、粉の量間違えてた・・・300gのはずなのに、500gの袋にまだ300g残ってるし、と慌てて100gを足したのがこの状態。もうね、ヘラじゃ足りず手を使ってこねました。


f0370142_22315391.jpeg

水の後から粉を足しちゃったけど、なんとかまとめて、パン生地をベッドに寝かせてホッと一息。
この間に片付け物をしようと、小麦粉の袋を持ち上げたら、下から小さくて薄いアルミの袋がひらり。
え、これってイースト!?
しまったっ、イースト入れ忘れた〜〜〜いくら待ったって発酵するわけないよ。

また慌ててパン生地(もどき)をベッドから叩き起こし、一瞬続けるか迷いましたが、もうどうにでもなれとイーストの粉をぶちまけ、手で練りこみ! もうこねないパンなのにこねまくりです・・・でも、いいよね? パンだし、こねたっていいんだよね?
そもそも、普通のパンを作ったことないから、どうして「こねる」作業が省略できるのか、こねないパンもこねてしまっていいのかわかんないわっ。

で、イーストの粒が見えなくなるまでとりあえずこねてから、ベッドでお休みしてもらいました。
2時間後・・・


f0370142_22321154.jpeg
おお、絶望的かと思いましたが、一応、膨らんでます。
2倍に膨らむのが目安と書いてあったけど、うん、それくらいあるかなあ〜〜〜。
希望が見えてきました。

ベタベタの生地に打ち粉をしてまとめて成形して鍋へ。おお、すでにパンの匂いがする。


f0370142_22323491.jpeg
そして、これを再度30分〜1時間ほど寝かせて再発酵。1.5倍に膨らむのを待つのだそうです。
が。
お鍋に入れた生地を湯たんぽでぽかぽかのベッドに入れたわたし。
別のベッドで、ぽかぽかハムたんぽを抱っこしているうちに、一緒に寝てしまった・・・・。
気がついたら1時間半くらい経っており、蓋を開けてみたらこれです!



f0370142_22325782.jpeg
生地が蓋につくほど膨らんでましたーーー。
おお、過発酵というやつ? 文字は見たことありますが、過発酵だとなんなの? 酸っぱくなるの??

まあ、膨らんでしまったものは仕方ない。
そのままオーブンへ投入です!

で、焼きあがったのがこちら。

f0370142_22332028.jpeg

あのね〜思った以上に硬いの。焼きたてなのにゴッチゴチなの。
ルヴァンというパンだから、そういうもんなのか、諸々の失敗がこの硬い皮を作り出したのかよくわかりません。
焼きたてを、端っこを切って食べて見ました。
おお、中は意外としっとりで食べられます。皮も硬いけど、食べられはします。ただ口の中は切れそう。

味は「ああ、パンね」って感じで、特に美味しくもなく、まずいというほどでもなく。
これも、過発酵のせいなのか、そういうものなのかよくわかりません。

焼きあがった時には夕飯も終わってましたが、中身の柔らかいところをハム太の口に入れて見ました。
パチパチと拍手をしてくれました。
少なくとも食べられないわけではなさそうです。

イーストが5袋入りだったので、あと5回焼くかどうかはわかりませんが、せめてあと1回は、レシピを間違わずに忠実に作って見たいと思います。




[PR]
Commented by papricagigi at 2017-12-01 06:11
ぶははっ。こねないパンは、すっごい楽ちんのはずなのに、umiさんバージョンは作る過程がえらくドラマチックだったのね。笑っちゃった~。入れ忘れて後でぶちまけたイーストが、上手く混じらずにぽこぽこしちゃったのかも。 私も時々作るよー。材料を全部木べらで混ぜて一晩おいて、でれでれの生地をキャストアイロン鍋で焼くよー。よかったらブログの中の検索してみてー♪

お疲れさまっ!
Commented by umitoramarine at 2017-12-02 18:22
*papricaさん

そうそう、すごく簡単なはずなのよね〜。もう、一度まとまってしまった生地にイーストを練り込むなんて普通を超える大変さだったよ! どんなにがんばってもムラなく混ざらないし。
papricaさんの記事見たよ〜。一晩も置くレシピなんだね。その場合は、低温でじっくり発酵させてるってことなのかな??
パン作りって奥が深くて、色々試してみたくなっちゃった〜。まずは基本の、レシピ通りのやり方からだけど。笑
Commented by YUE at 2017-12-03 00:54 x
ふふふ・・・・、こねないパンのはずが、ものすごくこねたパンになっちゃったのね。
今回は、大事なイースト、えっと・・・・たしかいつかのカルボナーラは肝心のたまご・・・。
一度あることは三度あるそうなので、もう一回、何かはわからないけど、お気をつけてぇ~(笑)
Commented by umitoramarine at 2017-12-03 22:35
*YUEさん

それがね・・・ここだけの話、っていうか、書いちゃったかもしれないけど、すでに2度、バナナパン作る時に玉子を入れ忘れて最後に混ぜ込んでるのです・・・
2度あることは3度あったけど、4度あったときはやはり、5度目に気をつけたほうがいいですよね・・・いや、それより病院行ったほうがいいかしら・・・笑
by umitoramarine | 2017-12-01 00:51 | 手作り | Comments(4)