シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

神経痛

もう書かないと言ったのに、つい。手短に。

ひどい神経痛に見舞われて、散々な一日。
夕方、耐えかねて、自転車でちょっと遠くの薬局まで行ってロキソニンを手に入れた。
髪はボサボサですっぴんだったけど、かまっている余裕もなかった。
やっと薬が効いて、痛みが完全に去った訳ではないけど耐えられる程度に弱まり、するとこうして日記を書いてしまう次第。

昨日、数年ぶりに昔通っていた整体へ行ったら「かなり・・・ひどい状態です」と言われた。
左肩の肩甲骨がゆがんで動かなくなっていたらしい。
このところ、少し遠くの整体が気に入って通っていたけど、遠い上に予約が取りづらいので通いにくく、ここ数ヶ月は行っていなかった。でも、痛みが出なかったので、調子がいいのだと思っていた。
実際は、日々の疲れと歪みが蓄積して、ついに体が悲鳴をあげたらしい。
もっと早めに悲鳴をあげてくれたらいいのに、わたしは自覚するのが遅いらしく、結構調子がいいと思っている時でも、整体やマッサージなどに行くと、必ず「すっごく凝ってますね・・・」と驚かれる。
やっぱり自覚症状がなくても、月一くらいで整体などに行ったほうが良い。

話は変わるが、今日初めて、パリが毛づくろいをしているところを見た。
パリは真っ黒の猫で、足先とか胸とか、どこも白いところがない。
が、足をあげているのを見たら、なんと右足の裏の肉球だけピンク色だった。
本当に真っ黒の猫は、肉球も黒いものだけど、こっそりあるピンクが可愛かった。
パリはとてもよく食べる。
一日中ねているくせに、今日一日でパウチを5つも食べてしまった。プラスカリカリも。
うちの猫たちは、パウチ一つも食べきらないので、驚きだ。
まさか認知症で、食べたのを忘れたのではと思うくらいだ。
でも、わたしのことはわかるみたいなので、ただ大食いなのだと思う。







[PR]
by umitoramarine | 2017-12-30 23:31 | つぶやき | Comments(0)