シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:おでかけ( 2 )

さて、まだまだ雨が降り止みません。
梅干し、いつになったら干せるんだろう・・・。

しかし、そんな雨のおかげで豊作なのはキノコ達。
夫がキノコ好きなので、散歩中にキノコを見つけては観察、が癖になってしまいました。

これは先日、久しぶりに3人で植物園に行ったとき見つけたキノコ。
ノウタケ、っていうみたいです。脳みそっぽいからノウタケなんだと思うけど、これはマフィン見たい。
食べられるんですって!
でも、それぞれキノコの主の甲虫さんがついてますね。


f0370142_23172457.jpg


こちらは花みたいに可憐なキノコ。
うまく撮れなかったんですが、淡い黄色でレースみたいで可愛いんです。
キツネノハナガサって名前らしいです。ぴったりだね。


f0370142_23172409.jpg

こちらは別日。
隙あらば一人時間を楽しみたくなるわたしですが、それでは夫が不満なようなので、この日は夫サービスデイ。
と言いながら、わたしが行きたかった展示に付き合ってもらいました。

青山のスパイラルでやっている「The Fools」というグループ展。
前にご紹介した黒坂麻衣さんも出品されていたので。


f0370142_23172586.jpg

黒坂さんの絵、大好きです。
仕事として描いた挿絵や、映画にインスパイアされて描いたもの、ここにはないけどポートレートなんかもあるのですが、わたしが好きなのは、やっぱり動物の絵かな。

動物そのものも好きなんだけど、黒坂さんの絵は、「一人で散歩しているときに出会った野生動物」という感じがして好き。一人だったからこそ出会えたどうぶつ達、見られた風景。一人の孤独や辛さじゃなくて、一人で歩くことの素晴らしさが描いてあるように感じるのです。


f0370142_23172532.jpg

場所代わって、青山ブックセンターで見つけた展示。
「おなみだぽいぽい」っていう絵本。あらすじは、ネズミさんが涙をパンの耳に吸わせて天井に投げるって話。あらすじをどこかで読んでから本屋で立ち読みしたら、思ったより大人っぽくてかっこいい絵でびっくりしたんです。


f0370142_23172520.jpg

切り絵で描かれています。


f0370142_23172675.jpg

この鳩達。かっこいいなあ。


f0370142_23172650.jpg

知らなかったけど、ごとうさんは本の表紙絵などをたくさん手がけていらっしゃるようで、手作りの制作ノートが展示されていました。見てみたら、見覚えある本の表紙がいっぱい。
切り絵が主みたいですけど、この水彩も素敵ですね。


この日は、たまにはゆっくり美味しいものを食べようと言ってたのですが、調べる時間もなくて、通りかかった「俺のフレンチ・イタリアン」にはじめて行ってみました。立ち食いで有名になった店ですが、今はキツキツだけど一応椅子が用意されています。

でも、隣の人とほんとに近い(テーブルが数センチしか離れてない!)ので落ち着きませんでした。笑
味は評判通り、値段の割に本格的でしたよー。

素敵な展示を見て、美味しいものを食べて、数時間ですが久々に夫とデート。
子育てでお互い疲れているとイライラしてしまうときもありますが、たまにはこういう時間を持って、仲良くしてかないとねー。ちょっとは夫サービスになったかしら・・・どうだろう。自分が美味しい思いをしただけだったりして。笑




[PR]
by umitoramarine | 2017-08-21 00:04 | おでかけ | Comments(2)

いもとようこの世界展

上野の森美術館で開催中の「いもとようこの世界展」へ行ってきました。

子どもの頃からなにかと身近にあったいもとようこさんの絵。
とても可愛らしくやさしい世界観は、わたしにはちょっぴり甘過ぎて、可愛いと思うけれどファンという訳ではありませんでした。でも、これまでも、プリントされたものでは何とも思わなかった絵でも、原画を見て感動するという経験は何度もあるので、身近だった絵の原画を見てみたいと思いました。

友達と来てもよかったんだけど、夫に「行く?」と訊いたらいいよというので、ハム太を連れて3人で行くことに。ハム太を伴っては今までで一番遠いお出かけです。

f0370142_01292524.jpg
電車に乗るのもヒヤヒヤで、一番端の車両に乗りましたが、空いていたうえにハム太は寝てくれて難なく到着。

展示はとても良かったです。
いもとようこさんの絵は水彩かと思っていたのだけれど、和紙を使った貼り絵で、それもとてもとても繊細な作業が見てとれて、微妙な色遣いはプリントでもきれいだけれど、原画の美しさは言い表せないほど。

「しあわせな王子」や「ハチ公物語」の原画をストーリーを読みながら、感動して泣いてしまいました。元々よく知っているお話だけど、涙が出たのは原画のパワーだと思います。

f0370142_01292557.jpg
ところで、子ども向けの絵本って、どうして貼り絵が多いんでしょう?
最近のハム太のお気に入り絵本は、トーマスを除けばすべて貼り絵なんです。

f0370142_01313743.jpg

3ヶ月の頃から毎日読んでる「はらぺこあおむし」。

f0370142_01313714.jpg
最近買った「あそぼうよ」。


f0370142_01292525.jpg

お休み前に大笑いする「ねないこだれだ」。

いもとようこ展ですごいなと思ったのは、ミュージアムショップに絵本しかなかったことです。グッズを作れば絶対売れると思うけど、きっと作家さんの方針なんだろうなぁ。素敵な方なんだろうなと思いました。

いもとようこ展のあとは、科学博物館へ。
ハチ公を読んで泣いたわたしを見て、夫が「ハチ公いるよ〜」と連れてってくれました。
ほんとにいた・・・・。


f0370142_01292672.jpg
わたしとしては、お疲れさまーと土に返してあげたいのですが。汗

ふたつの展示を見る間も、帰りの電車も、ハム太はほとんど愚図らずいい子でしたー。

もうちょっと大きくなったら、今度は動物園に行こうね。



[PR]
by umitoramarine | 2017-06-01 01:52 | おでかけ | Comments(2)