シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

はしもとみおさんの個展

日々書きたいことがたくさんあるのに追いつきませんー。
とりあえず、今日のこと。

都内の「巣巣」さんというギャラリーカフェで行われている、はしもとみおさんの個展へ行ってきました。
はしもとみおさんと言えば、わたしが木彫りを始めるきっかけになったお方!
わたしと同じく動物大好きな彼女が彫り出す動物達は、本当に活き活きとしていて愛らしいのです。

いつもなら移動は電車なのですが、ギャラリーのウェブサイトではバスを推奨されていたので、ひさしぶりにバスに乗って行きました。バスってなんか、複雑で、間違ったらどこへたどり着くか分からなくてこわいよね。わたしだけ?

でも、バスの窓から外を眺めていたら、ときどき電車を乗り継いで行く場所が、バスなら1本で来られることに気づいた! そんなちょっとした発見にうきうきしながらたどり着いたギャラリーで待っていてくれたのはこんな子です。


f0370142_20240733.jpg
かわいい〜。
仔猫さんなんだけど、ちょうどわたしがなんちゃんを彫っている大きさの角材(18*13*10くらい?)に収まりそうな猫。猫は手のひらサイズしか彫ったことないから、今度鑿を使ってこれくらいのサイズのを彫ってみたいなぁ……。

ほか、迫力あるこの子や、

f0370142_20240869.jpg

あーこういう子いるいる、ね。


f0370142_20240861.jpg
顎の下、かゆいのね。

f0370142_20240873.jpg
この子ちょっとうちの子に似てました。

f0370142_20240996.jpg

はしもとさんは水彩のデッサンもすごい。まず絵を描いてからこれを参考に彫られるらしいけど、絵だけで十分作品になっている。

f0370142_20240914.jpg

はしもとさんは、そりゃあわたしの1000倍以上、絵を描いたり彫刻を彫ったりに時間を捧げていると思いますが、こんな風に描けたり彫れたらいいのに、と思わされます。
ちなみに、はしもとさんはエキサイトでブログも書かれています。文章もお上手で引き込まれます。


f0370142_20240993.jpg

今日はとても暖かくお天気がよかったので、帰りは駅まで歩こうかと思い、ギャラリーの方にどれくらいかかるのか尋ねてみました。そしたら、道順を教えてくださったあと、「せっかくだから渓谷も観に行くといいですよ」って。渓谷? この辺りは都内の一等地のはずですが……。

でも、あるんです。ほんとに、駅のすぐそばに。
「等々力渓谷」というの、そういえば名前は聞いたことあったな。
東京23区内で唯一の渓谷だそうです。びっくり。渓谷でイメージするほど荒々しい流れではないけれど、緑に囲まれてなんて気持ちのいい場所! 遊歩道があったので、ぶらぶら散策したら、お寺あり、古墳あり、日本庭園ありでお散歩しがいのある場所でした。


f0370142_20241005.jpg

帰り道、階段を上っていたら人なつこい猫さんが駆け寄ってきてくれました。

f0370142_20241044.jpg

なんか、浮世絵の化け猫みたいなご面相なんだけど(顎がずれてて歯が1本前に出てる〜)、声が高くて可愛いんです。ついつい触らせてもらったら、毛並みがよくてやわらかく、ちゃんと毎日ブラッシングしてもらってるみたい。でもあんまり人懐っこい猫は逆に心配なんですよね。ちょうど、獣医さんのところで、某所の人慣れした猫達が蹴り殺されたというのを読んだばっかりで。
「お世話してもらってるんだね〜でも、こわい人もいるからね、知らない人には用心してね」って話しかけちゃいました。



f0370142_20241006.jpg

家からさほど遠くない場所にこんなところがあるなんて知らなかったな。
東京には学生時代含めて10年以上は住んでいると思うんですけど、都内にもまだまだ知らなくておもしろい場所がたくさんあるんですね♪

近いのだけど、なんだかもっと遠くへ日帰り旅行でもした気分になった一日でした。


[PR]
by umitoramarine | 2017-03-31 00:09 | アート | Comments(4)
わー、ご無沙汰してしまいました。
先週は、産後初、夫が数日間不在にしておりまして、にわか一人子育てをしていました。

やってみると、お風呂以外は特に困りませんでしたが(夫いないとご飯に気を遣わなくて済むのでそのぶん楽だったり……たっぷりの豚汁と、ほうれん草の胡麻和えとか常備菜作っておいて、あとは玉子焼いたりお魚焼いたりで済んでらくちん)、やっぱり気を張っていたのか、夫帰宅後に風邪を引いてしまいました。まあ、作ってあった蜂蜜しょうがレモンとか、葛湯とか飲んで、結局発熱せずにもう90%治ったのですけどね。

夫の不在中、関西に住む大好きな友人が6歳の男の子(Rくん)を連れて1泊遊びに来てくれました〜。
いつもたくさんメールやり取りしてるけど、顔見るの2年ぶりで、久しぶりってかんじはしないけど、うれしくて♪

Rくんはさすがに大きくなってて、でも、ハム太のこと「どのくらい重いん?」って言うから「6kgくらいかな〜」って言ったら「牛乳6本分かー」って答えが返ってきたり、ハム太にプレゼントを渡そうと差し出してくれて「なんで受けとらへんのん??」って言ったり、かわいいー。ハム太と遊んでくれて、ハム太もわかるのかずっとRくんを目で追ってました。


f0370142_16074920.jpg

友達が帰ったあとは、4ヶ月検診に行きました。

身長: 65.5センチ
体重: 6651 グラム
頭囲: 41センチ

順調に大きくなっているのですが、首の据わりがイマイチ?ということで来月も行くことに〜。
うーん、めんどくさいな。。。と思ったらいけないのだろうか。。。
でも、4ヶ月だと個人差って大きいですよね。

これまでは産院で検診を受けていたのだけれど、今回は区の保健センターで同じ4ヶ月の子だけが集まる検診で、見回して「あーハム太が一番可愛いな♪」と超主観的親バカでいたんですが、気がついたんです。一番かわいいかどうかはともかく、一番毛が薄い??って。他の子、ふっさふさ。生えてる子は生まれたときから生えてるし、そうじゃない子はその後伸びてくるので、薄い子もいるけどハム太ほどの薄毛はいなかったよーな。まあ、そのうち生えるだろうし気にしませんが。笑 わたしも髪の毛細いので、わたしに似ているのかも。

3ヶ月を過ぎて急に人間らしく、あやすと声をあげて笑ったりするようになったハム太ですが、4ヶ月過ぎてから新たにするようになったことがあります。ベッドに添い寝してオッパイをあげているときに、咥えたと思ったらくるりと振り向いて後ろを確認……というのを何度も何度もやるのです。そもそも、添い寝して伸ばした腕でスマホを見ているときに、スマホが気になって振り向いたハム太を「ちゃんと飲んで」と嗜めたことから始まった「遊び」なんですが、もう何度も何度も、一瞬咥えたかと思いきや振り向いて、わたしが「ちゃんと飲んで」というのを上目遣いで待って、言うとキャキャッと笑う……というのをくり返します。本当にはお腹が空いてないときですが。

思えば、これは、ハム太が自発的に出来るようになった初めての「遊び」なんです。
こちらから、話しかけたり、変な顔をしたり、いないいないばあ的なことをやるのではなくて、ハム太がわたしを遊びに誘っているんですね。なので、ちゃーんと答えてあげなきゃ!と思い、何度も何度も「コラ〜ちゃんと飲みなさい」と言って鼻やほっぺを突いてあげます。そうすると、待っていたように笑います。

赤ちゃんなので繰り返しがしつこく、いい加減本気で「ちゃんと飲め!」と言いたくなるときもありますが(笑)、泣き声や叫び声じゃなくても、自分が始めたコミュニケーションを親が受け取ってくれるって覚える大切な段階なのですよね。なので、楽しみながら気長にハム太の相手をしようと思います。














[PR]
by umitoramarine | 2017-03-27 23:07 | ハム太郎のこと | Comments(2)
先日、夫の誕生日でしたー。
夫の好きな食べ物は、麺類(とくにパスタ!)なので、誕生日は先日Africaさんちで見た芽キャベツのマカロニグラタンにしよう〜と思ってスーパーへ行ったのですが、どうも鶏肉の気分じゃなくて。

ちょうど最近、魚介メニューを増やそうと努力しているのもあって、お魚コーナーを覗いて……あ、鱈。牡蠣ならあるけど、魚のグラタンは食べたことなくて、鱈の淡白な味はクリームと合わせるとどうなるかなーと暫し迷ったけど、挑戦してみることにしました。パスタは、食感のやわらかそうな鱈に合わせて、平べったいオレキエッテ。

芽キャベツには粉をはたかず(忘れただけ)バターで焼き目をつけて、同じ鍋にスペースを作って塩コショウした鱈を両面さっと焼いてから白ワインを大さじ2〜3加えて蓋をして蒸し焼きに。その鍋に、スライスした生マッシュルームと茹で上がったパスタと茹で汁を少し入れて、ホワイトソースも加えて和えて容器に移して200℃で20分くらい。一緒にpicardで買ったポテトボールも。オーブン料理のときは一緒にいろいろ焼いちゃうとらくちん。


f0370142_07243403.jpg

夫の反応、「最高〜!」と。よかったぁ〜、ほっ。

実は夫は火の通った魚があまり好きじゃないのです。わたしは魚以外の魚介があまり得意でなく、牛肉も嫌いじゃないのですが、あまり食べたいと思わないので、ふだんの食卓は鶏肉と豚肉率が高くて……汗。一人暮らしのときは、ベジーなご飯も多かったのですが、夫がいるとそうもいかないし、特にハム太が産まれて外食が難しくなってからは、新しいメニュー開拓の必要性をひしひし感じていたのでした。

夫いわく、「鶏肉もすきだけど、淡白な魚のほうが臭みもなくてホワイトソースの邪魔をしない気がする。芽キャベツの苦みもいい。いつもの(鶏肉とアスパラの)マカロニグラタンよりこっちが好き」と。おうおう、よかった。芽キャベツを料理したのも実は初めてだったんですけど、とっても旬が短いらしいので、今後これを夫の誕生日メニューの定番化することに決めました。そしたらメニュー悩まなくて済む♪

それにしても全然違うレシピになっちゃってAfricaさん、すみません。
でも、レシピってこう、伝言ゲームしてるうちに変わっちゃったみたいなので、家の味が出来てくのよね。
ということで、覚書でした。

(ホワイトソースは牛乳:バター:粉=10:1:1の電子レンジで作ったよ。粉とバターで2分チン、牛乳混ぜて5分+5分だよ。1L作って半分使ったよ、と来年の自分へ伝言です。)



[PR]
by umitoramarine | 2017-03-16 01:29 | おうちごはん | Comments(4)

木彫りのこと 4

えー、なぜかまだ続く木彫りの話。
どういう彫刻刀を使っているかお尋ねがあったので載せます。これがわたしの彫刻セット(手のひらサイズ用)。


f0370142_14150240.jpg
彫刻刀は、セットで持っているのですが、手のひらサイズの動物は、基本的にこの平刀1本で彫れます!
あと、名前が分からないですけど、斜め刃っていうのでしょうか…平で斜めになっているやつね。あれが、目とか細かいところを彫るときにあると便利です。今、手元になかったので写真には無いですが。

子どもの頃、学校で彫刻をするときは板みたいなものを彫っていて、三角刀や丸刀ばかり使っていませんでしたか? で、「なんのためにあるのだろう」と思っていた平刀の出番。実は立体のためにあった……と、木彫り初めてやっとわかりました!

あとは、粗彫り用の小さなノコギリ。あと、ワークショップでは危険だからか使いませんが、わたしは小刀を使っちゃうときもあります。粗彫りの次の荒削りくらいのときに。

下に引いている板は、本当は彫刻板があればいいんですけど、その代わりに使っているもの。キャンバスを張るための板です。角っこに木を固定して滑らないようにするとやりやすいです。

彫刻刀は「パワーグリップ」っていう名前のもので、握り易くて彫り易いです。


で、先日、夫が急に「ハム太見ているから気分転換に出かけてきていいよ」と言ってくれまして。観たかった展示があったので行こうと思ったらおやすみで。この素敵な自由時間、なにに使おうと考えた結果、今一番したいこと、それは木彫り!となりまして。

行ってきました。メーカーズベース。http://makers-base.com/
現時点で、東京と博多にしかないみたいですけど(札幌はお休み中)、いろーんな物作りが出来る施設がありまして、去年そこの会員になったんです。

わたしはほとんど木工エリア利用で、専門的な道具は使わないんですけど、大きな木を切ったり鉋をかけたりする機器もあって、トレーニングを受ければ使用できるんですよ。

で、今彫っているフェレットなんちゃん。
ここいらは去年の春頃やってたぶんなのですが。

まず6面にそれぞれの方向から見た下絵を描いて。



f0370142_14150227.jpg

ノコギリで切れるだけ切ります。
この作業がいつも一番辛くて嫌い。。。。


f0370142_14150214.jpg


f0370142_14150304.jpg

ノコギリの粗彫りが終わったところです。

f0370142_14150385.jpg


こっからは、先日の作業。
ついに自分用の鑿まで買ってしまったので(メーカーズベースに鑿の貸し出しはありません。ノコギリはあります)、本格的に彫りに入りました。この青い、クランプと言うんでしょうか。押さえておくやつね、これがあると作業のはかどりが全然違います!
なにより安全。木彫りってやっぱり危ないです。鑿ももちろん刃物で切れ味いいから、去年一度、手が滑ってパンツに切れ目が入っちゃった。脚が無事でよかったですけど。


f0370142_14150332.jpg

なんちゃんは、実寸の80%くらいで作っているんですが、例え手のひらサイズでも、作業中に撫でると「あ、ここをもっと彫らないと」「ここはふくらんでるんだよね」って、あるべき形がなんとなく分かります。猫とフェレットと暮らして、触ったときの凹凸をちゃんと手が覚えているんですね。でも、わたしがなんちゃんと一緒に暮らしたのは3年ほどで、お世話はほとんど夫がしていたから、猫よりずっと難しいよー。なんちゃんの記憶を手探りしながら彫っています。


f0370142_14150371.jpg

時間が来たのでお片づけ。周りに散った木屑を集めると「こんなに彫った」と達成感。
なんちゃん、もしかしたら今年のクリスマスには間に合うかもーーー。






[PR]
by umitoramarine | 2017-03-09 14:44 | アート | Comments(6)

木彫りのこと 3

木彫りの話は「2」で終わったつもりだったんですけど……木彫りについて書いていたら、どうしても久しぶりに彫刻刀が握りたくなって、夫がハム太を連れて出かけてくれた間に、未完の作品を取り出して彫ってしまいました。本当は、夜、授乳で眠れないわたしが寝る時間を作るために出かけてくれているんだけど、いつも、眠気はさておき一人でやりたいことがたくさんです。

木彫りは、ハム太のやわらかい肌に木屑が刺さったりしたら大変だからやっていなかったけど、細心の注意を払いつつ……。


f0370142_14174988.jpg

これは、あるワークショップに参加したときに彫って未完のペンギンさん。わたしの参加したワークショップでは、ほとんどの人が終わらないんだけど、とりあえず色を塗って形をつけます。彫り進めたい人は、その後、絵の具ごと削っちゃえばいいので。このペンギンさんに残る黒はそのときの色。

ひさしぶりに彫刻刀持って、木の新鮮な匂いをかいでいたら、思い出しました。木彫りに没頭しているときの状態って、瞑想に近かったんだって。集中して、いつしか木片と自分だけの世界になって、我を忘れられるんです。人って、歳を取るとなぜか仏像など彫りたくなるようで、カルチャースクールに仏像を彫るクラスってよくあるんですが、それって瞑想に近いからかも……って思いました。

あと、彫り始めは五里霧中というかんじなのが、とりあえず彫り進むうちに、彫ろうとしているものの形が分かってくるかんじ。上手く言えないけど……、彫っている、木で作っているというより、掘っていらない部分を削っているかんじ。彫ろうとしているものは中にあるって、ある彫刻家の方がおっしゃってましたけど、ど素人ながら、その感覚に手が届きそうなときがあるんです。そんなことをちょっと思い出しました。

夫と息子が帰宅するまえにきれいに片付けて、ほんの30分ほどのことでしたけど、なんだか心がリペアされた気がします。またこっそりやろうーっと。


[PR]
by umitoramarine | 2017-03-05 00:07 | アート | Comments(6)

木彫りのこと 2

前の投稿に載せた木彫りはすべて彫刻刀で彫った手のひらサイズなのですが、本格的な彫刻というと鑿で叩くイメージですよね。でも、鑿なんて触ったこともないし、マンションの一室で出来るようなことではないし。一度あれをやってみたい……と恋いこがれていたところ、ちょうど鑿を使うワークショップがあったのです。去年の10月、臨月のことでした。

通常、木彫りのワークショップはせいぜい3時間で彫刻刀を使うもので、時間内に仕上がることなんて無いのですが、このワークショップは某有名彫刻家の方と、5時間*2日間+3時間*1日間かけて行われるもの。しかし家から特急で2時間弱もかかるようなところで……。でも、どうしても行きたかったわたしは、予約受付日の朝から電話が繋がるまで50回もかけ直し(笑)、参加権を手にしたのでした。万一、産気づいたらそのときはそのとき、と。

大きいお腹で大変ではありましたが、妊娠中、一番幸せだった時間ってあのときだったかもなぁ……。大きな木のブロックをもらって、好きなもの彫ってくださいって。ほんとにほんとに楽しかった。

彫刻のワークショップは3回ほど、別々の彫刻家さんのものに参加したことがあるのですが、みんな、特になにを教えてくれるというわけでなく「やってみて、分からないことがあったら聞いて下さい」というスタイル。こちらの先生も「ぼくはアシスタントに徹しますので、なんかあったら呼んで下さい〜」と。

写真は、チェンソーではじめの粗彫りをして下さっているところ。彫刻って自分でやろうとすると、このはじめの粗彫りが一番楽しくなくて大変なんです。手のひらサイズのは、小さなノコギリでやるんですが、けっこう力がいるし粉は飛ぶし……。ワークショップだと、だいたい近い形の木を用意してくれるので、楽しいとこ取りです。

f0370142_00041596.jpg

わたしの粗彫りが仕上がったところ。これは……

f0370142_00041603.jpg

はい、カンガルーさんです。いつも猫彫ってるし、ほかのもの彫ろうと考えて、これも妊娠中に(30週とかだった…)行ったケアンズで見たカンガルーを彫ることにしたのでした。

f0370142_00041647.jpg

もらった木だけでは尻尾が足りず、さらに木を接いでもらいました。
ワークショップの会場では、床に大きな紙が敷いてあって、みんな床に座って作業していました。わたしも床にぺったり座って、足で木材を押さえながら、ガンガン鑿をふるいましたよ。みんなそれぞれ真剣で、作業が始まるとおしゃべりなんて誰もしていなかったけれど、毎回、時間が経つのがあっという間でした。あーほんとに楽しかったなぁ。

こちら、多分2日目を終えたころのカンガルー。


f0370142_00041672.jpg


f0370142_00041692.jpg

で、これが一応仕上がったカンガルーです。色が塗れたんだけど、考えてとりあえず目と鼻と口だけにしたの。ほんとは、茶色とかに塗るのじゃなくて、これにアボリジニアートの点描みたいな模様を入れるのはどうだろう?とか考えたのですが、とりあえずこのままの形で、今、我が家の玄関番をしてくれています。

f0370142_00041734.jpg


f0370142_00041783.jpg


f0370142_00041738.jpg

カンガルーって、ほんとはもっと手も足も細いんですよね。ケアンズで見てきたというのに、彫り始めてやっと気がついたそのこと。でも細くしちゃうと立たないし、折れちゃうかもしれないし、というので、これはわたしの中のイメージのカンガルーです。ワークショップ最終日に、先生がそれぞれ講評して下さって、そのときに「ほんもののカンガルーってけっこう気持ち悪いじゃないですか。筋肉ムキムキだったりして。この彫刻はこれでいいと思う」って言ってくださいました。

以上が、わたしの彫刻プロジェクトでした。
実は、未完で止まっている3体のうちひとつは、昨年亡くなった夫の相棒フェレットの等身大像なんですけどね。いつ仕上げられるかな。こっそり仕上げて、いつかプレゼントしたいなーと思っているのですが、やっぱり数年後かなぁ……。




[PR]
by umitoramarine | 2017-03-04 00:44 | つぶやき | Comments(0)

木彫りのこと 1

ハム太がやってきてからというもの、当たり前ですが、自分のやりたいことなんてほとんど出来ず……。時間が出来たらぜひやりたいことのひとつが木彫りです。

木彫りを趣味とするようになってからはまだ日が浅く、初めて挑戦したのは2年前の春です。でも、それ以来夢中になって、いくつ彫ったでしょう……まあ数えられる程度ですが。えー、(数えた)完成したのが11体。未完が3体です。

全て動物を彫っています。
こちらは左から、うちの猫達と、昨年亡くなった夫のフェレット。こちらは、1本のバルサの角材から彫ったんです。バルサは発泡スチロールみたいに軽くて彫り易いんだけど、代わりに簡単に折れてしまうので、細かい彫り物には向かないかなあ。


f0370142_23240374.jpg
色を塗ったところ……。

f0370142_23240477.jpg

当人に見せたら、食われました。

f0370142_23240361.jpg

f0370142_23240444.jpg

f0370142_23240372.jpg

こちらは桐の木で作った猫達。桐も、バルサほどじゃないですが、軽くて目が粗くて彫る力がかからない代わりにやはり折れ易いところはあります。もっとみっしりと目が細かい木が彫刻には向いてるみたいですね。

f0370142_23240419.jpg

こちらは、ボラ先の猫達で、左からテブクロ、ニイニ、牛ちゃん。牛ちゃんはもう死んじゃいました。ボラ先の猫達を全員作りたかったけど、この1年でも数匹減っちゃったなぁ。

当然と言えば当然だけど、彫刻って作ってるものをよく理解していれば手が動いてくれるけど、そうじゃないと手が止まってしまうもので、猫は家にいるので作り易いです。そして、一緒に過ごす時間が短い分、家の子より外の子のほうが難しかったな。彼らの顔を理解するために、彫る前に絵を描いてから彫りました。


f0370142_23240560.jpg


この3体は、ボラの3人のおばさま達にそれぞれ差し上げたのです。牛ちゃん以外はまだ生きていますが、玄関に飾って下さってるそうで、「餌やりに行く前に「あんたんとこ行ってくるよ」って声をかけてから行く」って言って下さいました。うれしいなー。

彫刻は、彫っている間は夢中で、何時間でも黙々と彫っていられました。いつも、ひとつのことをしながら別のことを頭で忙しく考えているわたしにとって、手の中の木と自分しかいなくなるような時間はとても貴重だったの。今はとても、無理ですが、またやりたいな〜木彫り。

次は、ハム太を産む前に挑戦した大作について書きたいと思います。










[PR]
by umitoramarine | 2017-03-02 23:52 | つぶやき | Comments(2)
わー、久しぶりにパソコン打ってます。
日々、書きたいことがたくさんあるのですが追いつきません。

ハム太、けっこうしっかり首が据わってきました。
しかし、抱っこがすきで、起きている間ほとんど抱っこ抱っこなので、ついに左手首が腱鞘炎に……。わたし、右利きなのですが、重いものを持つのは左手なのです。なので、左の筋肉のほうが発達している。で、すごい力持ちでもないのですが、非力なほうでもなくて、「やだ〜重い〜持てない〜♡」というタイプの女子を見ると昔からイラッとして(持てないわけないやろ!)と胸の内で突っ込んでおりましたが、重いお鍋とか、左手が駄目だから……右手で持とうとすると「やだ〜重い〜」ってなりますね。「やだ〜」と言ったところでしょうがないので、ま、持ちますけどね。


f0370142_17064604.jpg

六本木ヒルズで働く友達がいるので、先日、ハム太も連れて一緒にランチをしに行きました。まあ、だいたい落ち着いてご飯が食べられることはないのですが、この日は特に愚図って、立ったまま揺らしながら食べましたよ…。

その後、せっかく足を伸ばしたので、森美術館でやっている「ハルシャ展」を観ましたよ。ちょうど、マリーアントワネット展があと2日で終わるっていうときで、大行列。その代わり、ハルシャ展はガラガラで、ベビーカーで気兼ねせずに観られました。

f0370142_17064618.jpg

展示品の前に連れてくと、ちゃんと「ほえ〜」と眺めるハム太。わたしは田舎で育ったし、両親も美術にはあまり興味が無かったので、美術館に初めて行ったのは大学に進学してからだったけど、こんな小さい頃から本物のアートに触れられるってどんなかんじなのだろう。

f0370142_17064606.jpg


別に美術の方面へ進んでほしいというわけじゃないんだけれど、こういう積み重ねが、本人は覚えてなくても、将来的になんらかの糧になるといいなあ。


f0370142_17080032.jpg


しかし……最近のハム太のお気に入りはなんと、これ。


f0370142_17080014.jpg

洗面所の鏡の前に連れてくとニコニコするので、自分の顔を見るのがうれしいのかな〜と思っていたら、(顔も見ているけど)見ているのはなんと化粧品の瓶類だった。なかでもこのアロエベラがお気に入りらしく、これを見るとうれしそうに笑うんです。

なんだろう、このビビッドな色がいいの???
赤ちゃんって計り知れないですね……。





[PR]
by umitoramarine | 2017-03-02 17:25 | ハム太郎のこと | Comments(0)