シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

5月の終わり

さてさて、もう5月も終わりですね〜。

5月のはじめの、わたしにとって初の、自分が主役である母の日に思ったことを書きたくて何度かトライしていたけれど、産む前と産んだ直後と半年経った今で感じることも変わってきているし、いろいろと複雑な思いが絡み合って書ききれなかったや。

結論だけ言うと、わたしは、母業を「愛情を上手に伝えられるようになるための修行」と思うことにします。
衣食住と教育と、細かいことを言えば、親として子に与えないといけないものは山ほどあるんだろうけど、一緒に過ごす日々の中で、裏返すのでもなく、こじれるのでもなく、押しつけでもなく、重荷になるのでもなく、言葉でも態度でも愛しているよと上手に伝えられたなら、きっと(運が良ければ)生きていける子に育ってくれるのではないかな。うん。

とシンプルに書いたけど、もちろん、それをやるのが難しいんですけどね。
だからこれは、「子育て」じゃなくてわたしの修行なんでしょう〜。
人生修行、母業以外の顔も忘れず、楽しみながらやっていけたらいいな。



f0370142_00165095.jpg


話代わって、前に書いたバナナパンを何度も作っています。
市販のバナナマフィンより甘さと油脂控えめだから、食べ易くて、わたしも夫もお気に入り。

焼き時間は、マフィン型なら180度30分でちょうどいいことがわかりました。
それから先日、同じレシピで焼いたのに、妙にこんもり美味しそうに出来て、なんでだろ??と不思議に思ってたら、そういえばこのとき、高級スーパーで買った焼き菓子専用の高い小麦粉を使ったんでした!

いつものスーパーで小麦粉を買うつもりが買い忘れてね、通りかかった高級スーパーにはそれしかなかったもんだから渋々買ったんだけど、小麦粉でこんなに違うんだ!ってびっくり。だって人生で初めて黄色い袋以外の薄力粉使ったもの。笑 使ってみるもんですね。


f0370142_00173214.jpg
最後に作ったときは、夫としゃべりながらやったらなんと玉子入れるの忘れちゃって!
型に入れるぞ〜ってときに、ころんと空しく転がる玉子発見して、あー失敗だぺしゃんこになるかな〜と思いながら玉子を泡立て器で混ぜ込んだのに、いつもとあまり変わらずおいしく出来ました。
とても懐深いバナナパン。
だいすきです。




[PR]
by umitoramarine | 2017-05-31 01:39 | つぶやき | Comments(0)
タイトルまんまですが、先日、はしもとみおさんの「おすわり犬を彫る」3時間のワークショップに参加してきました。
手のひらサイズの木彫りなら、自宅でもできるといえばできるのですが、なにしろ1時間でもなにかに集中するということが家では難しいので、夫が行っておいでと言ってくれたのです。

今回のモデルは、前に絵を載せたじゅんさん。むかーし、一緒にいてくれた子です。結局あれ一枚しか描けなかったけど、この日のために絵を描いて準備をしていたのでした。

3時間のワークショップのうち、だいたい最初の1時間が粗彫り、次の1時間が彫刻刀の彫りで、最後の1時間が色塗り+記念撮影みたいな時間配分なのかな? 今まで2回、みおさんのワークショップには出ていて、時間が足りないのは分かっているので、かなり集中してやりました。



f0370142_00543413.jpg

こちらは、粗彫り終わって彫刻刀に入って暫くしたとこ。顔の粗彫りをしたあと、自分でもどこがどこだか分からなくなって、みおさんに助けを求め、手伝ってもらったところです。左の削りかすはみおさんのもの。ひと削りが大きいです。

みおさんが、「口開けますか?」と訊いてくれたので「開けたいけど、難しいですよねー」と言ったら、「じゃあやりましょう! 1回口開けたのを彫ったら、閉じてるのが簡単に感じますよ〜」って言って、開けた口の作り方を彫りながら説明してくれました。

絶対のやり方があるわけじゃないし、一人でも彫れるんですが、やっぱり実際みおさんの手元を見られるのって全然違う。集中できるという以外に、ワークショップに参加する大きな利点ってそこですね。何度か見ているんだけど、見るたびにハッとさせられます(しかし、みおさんの彫りってほんと一瞬で、次の瞬間どんなふうに彫刻刀を動かしていたのかわからなくなります。笑)


f0370142_00543431.jpg

上半身をもっとどんどん彫りましょうとガイド(斜めの線ね)を入れてくれました。

いつものことだけど、木彫りのワークショップってほんと時間があっという間に過ぎます。みおさんも、手のひらサイズの彫刻でもワークショップ内で完成させるのはそもそも無理と言っています。みおさんがよく言われているのは、そもそも出来る訳がないんだから、失敗を恐れずにどんどん彫りましょうということなんですけどね。彫らなきゃただの木、だそうです。

それを踏まえて〜見て頂きたいのですが、ワークショップで作ったわたしのじゅんさんはこちら!
左は彫刻用に配られた木と同じもので、右はみおさんが彫ったモデルの月くん。

f0370142_00543407.jpg

夫はいつも、このお手本とのツーショットを楽しみにしています。というか、見比べては爆笑しています。失礼な〜ってかんじだけど、わたしも笑っちゃう。


f0370142_00543588.jpg

これまでほとんど猫ばかり彫ってきて、初めて犬を彫るので、顔だけ犬であとは猫と一緒になってしまわないか心配でしたが、ちょっとは犬らしく彫れた気がします。


f0370142_00543583.jpg

集合写真。みんなそれぞれ味があって、しみじみ見ちゃう。

初めて木彫りに挑戦してから2年。それほどたくさん彫ってもいないので、あまり成長を感じなかったのだけど、昔の写真を見ていたら、あれ?と思いました。

この写真。(夫はこの写真を見ると必ず笑えるので、ときどき見せてと言われます。)


f0370142_00543587.jpg
身体の横幅は全然減ってないし、脚も彫れていないし、顔もけっこうぺったんこ。ワークショップ終わってから続きを彫り直したので、もうこの姿じゃないんですけどね。

f0370142_00543542.jpg
これに比べたら、今回はかなり彫り進んでいるのではない!?
ちょっとずつではあるけれど、成長していることに気がつきましたー♪

さて、帰宅してから、はむ太が寝たあとなんかに目をこすりつつ彫って、着彩し直しましたよ〜。

今のじゅんさんは、こちら!

f0370142_00543673.jpg

耳を彫ってるときに、ぺきっと割っちゃってね、じゅんさんの最大の特徴である「中途半端に大きい耳」が作れなかったんですが、ちょっと雰囲気でてきてかな?


f0370142_00543612.jpg

色も、落ち着いてじっくり写真を見て塗り直し。なにか足りないと思ってたけど、口の周りの黒いとこ塗ったら近づいた気がする。


f0370142_00543628.jpg

今は、顔がかなり大きめに彫ってあるので、もっと顔を小さくしたら耳とのバランスが取れて近くなるなーと思ってるんですけど、今のところここで止めておきます。

そのうちまた、彫りたくなったら彫り直しできるのが木彫りのいいところ。
(みおさんは、だからヤスリをかけないのですって。ヤスリかけちゃったら、もう刃を入れられないからだそうです。)

そのうちまた挑戦しよう〜。







[PR]
by umitoramarine | 2017-05-23 16:36 | アート | Comments(7)
結婚して「こんなはずでは」ということってどんな家庭でもあると思うんですが、うちの場合その一つが(いくつあるのか。笑)『食の好み』です。

おつきあいしていた頃は、一緒に美味しいもの食べに行けて食の好みも割と合っていると思ったのにな〜。実際のところ、ふだんのご飯は、わたしは肉食少なめの玄米菜食寄りで、和食の素朴なお惣菜を好み、あとはパンが好きなんですが、夫は麺類が大好き。放っておくと、インスタントラーメンやら焼きそばばかり食べています。あとはホットドッグとか。

お料理はわたしがすることが圧倒的に多く、和食だって出せば食べますが、そのつまらなさそうな顔と言ったら……。好きなものが出れば「わー、今日どうしたの?」とウキウキなのに、落差が激しくて、心が萎えます。

パスタを作ったら作ったで、わたしはトマトソースやオイルベースに野菜たっぷりのパスタが好きなんだけど、夫の好きなのはミートソース、カルボナーラ、ナポリタン……。なんでこんなに好みが違うのかー。男性だししょうがないのかな。

で、最近ね、ブログのお友達のところでこの記事を読んで、作りたいと思ったんですよ。いくらでもサラサラ入る「お茶漬けパスタ」って、そんなパスタは食べたことないから試してみたくて。ちょうど、ちょっと遠くの八百屋さんに行く機会があって、アイコじゃないんだけど、美味しそうなフルーツトマトを安く買って来たので夕飯パスタにするぞーと思ってたら。

「今日の夕飯どうする?」 
「パスタにしようと思うんだけど…」(輝く夫の顔)
「なんのパスタ?」
「トマトの……」(雲が太陽を覆ったみたいに曇る顔)

ほんと気持ちが萎えたんで、その日は別のものを作ったんです。ランチにでも一人で作って食べようと思って。でも次の日ランチは別のを食べちゃったんで、結局夕飯に作ることに。作ったのがこちら。

f0370142_00330893.jpg

オレガノが無かったので、生バジルをのせました。写ってないけど、夫のためにお肉も焼きましたよー。
でも、手際が悪く、パスタ作ってからお肉を焼いたものだから、アツアツを食べたかったのに食べる頃にはアツアツとは言えない温度になっていて。ぐすんと思いながら食べてみたら〜〜〜〜〜〜すっごい、美味しかった。びっくりです。
今まで食べてたトマトソースとまったくの別物。しかも、玉ねぎも入ってないのに甘ーくて深ーい味わいに。
ああ、「お茶漬けパスタ」の意味、わかる! 確かにこれならいくらでも食べられます。

「期待ゼロ」みたいな顔で食べ始めた夫も「お、おいしい。お店のみたい」と! 次の日も自分で撮った写真見て「これおいしかったねぇ」と言っていました。笑

いやはや、こんなに、ここまで違うのかとビックリでした。
また作ろ。


<離乳食記録>
3日目より、お粥を完食するようになったハム太さん。
「あーん」も上手になりました。
来週からはお野菜もあげ始めます。



f0370142_00330970.jpg

食事用椅子になるはずだったスイングは結局猫のものになり……外出用のテーブルに取り付ける椅子で食べています。
食べ終わって、わたしの膝の上で海老ぞりになって、猫にご挨拶。

f0370142_00330913.jpg


[PR]
by umitoramarine | 2017-05-15 01:05 | おうちごはん | Comments(6)
ハム太が6ヶ月になり、わたしも母親歴6ヶ月となりました。
産んだ当時の、変わりたくなくて「あれもこれもやりたい」っていう焦燥感は少し落ち着いてきたけれど、やっぱりハム太の世話だけに明け暮れる日々というのはつまらなく、少しでいいから自分のことがしたい気持ちがあります。

そこで、ハム太が昼寝をした隙や、外出してちょっと一休みしたカフェなどで、ほんのわずかな時間でもパッと始められてパッと手を止められる手芸をしたらどうだろう?と考えました。

ちょうど、ハム太をベビーカーでお散歩に連れ出すときのために買ったシンプルな帽子があって、そのためのブローチが欲しいと思っていました。粘土で作ることを考えていたけれど、本屋さんで刺繍糸で作る可愛いアクセサリーの本を見つけたので、そちらに挑戦することに。

それで、刺繍糸を買うために手芸屋さんへ行ったのですが、そこで見つけたのが「こぎん刺し」のいろんなキット。最近よく耳にするこぎん刺し。津軽の伝統工芸だそうですが、北欧柄と相性が良いらしくて、シブかわいい。初心者用のコースターやらはり刺しやらのキットもあって、あまり難しくなさそう。

わたしのお裁縫セットは、箱は数年前に職場でもらったオシャレなクッキーの缶なんですが、中身はほとんど、小学校の家庭科で使った裁縫セットなんです。針刺しは、中学のときに授業でスカートを作った(…途中まで)余り布で、自分で作ったハート型のなんですが、小さいし薄っぺらで、裏側から針先がいっぱい出ちゃってるの(笑)。裁縫箱をあさるたび、この針先にちくちくやられるのが悩みで、いい加減新しいのを作ろうと思っていたんでした。じゃあ、せっかくだから、こぎん刺しの針刺しを作ってみよう〜とキットを買ってきました。

こぎん刺しの基本は波縫い。クロスステッチ用より目の荒い「こぎん布」で、パターン通りに刺していくだけ。糸も太くで抜けにくいので、玉留めもいらないのです。めんどくさがりやのわたしにはそれもうれしい…笑

説明書には「真ん中から刺し始める」と書いてあって、それだけじゃ初心者にはその後の進め方がわからず戸惑いましたが、探したらyoutubeに動画があったので、それを見てからスタート。

初めは、一目一目数えながら、ゆっくり…何段か刺して模様が表れてきたらうれしくなりました。


f0370142_10595120.jpg

上半分刺せたところ。ひっくり返してまた真ん中から始めます。



f0370142_23193457.jpg

きれいに刺すには、同じ力加減で糸を引くことが大切らしいのですが、後半になってやっとコツが掴めてきました。刺し終わったところ、どっちが先でどっちが後か、よく見ると分かるでしょ?

f0370142_23193418.jpg


もう一枚の布と縫い合わせてひっくり返し、綿を詰めてフリンジもつけて出来上がり!
針を刺しても裏に出ない、ふっくら針刺しの出来上がりでーす♪ 
(と書くとあっという間に出来たかのようですが、ハム太のお昼寝や夜寝静まったあとに、何度かに分けて作り上げました。)



f0370142_23193580.jpg

針刺しを替えるついでに、裁縫箱も掃除して、溜め込んでいたハギレやらも処分して掃除しました。わたしの作った小さなハートの針刺し、あらためて見たら許容量を越えるほどの針が刺さっているし、針に糸を残したまんま刺したのが絡まり合ってもじゃらもじゃらと……客観的になって見るとよく今まで放っておいたなと思うようなかわいそうな状態でした。小さなハートは、まるで誰かの心をあらわすよう(笑)。

針を抜いて、糸も捨てて、ハートにも今までごめんねありがとうとさようなら。
すっきりした針箱で、新しいプロジェクトに取りかかります!

<ハム太メモ>
5月8日から離乳食始めました。お粥を5口くらい上手に食べましたよ。
ほんとはもっと前から、わたし達の食べるのを興味津々で見てよだれたらしてたから、食べたかったんだね〜。



[PR]
by umitoramarine | 2017-05-09 09:45 | 手作り | Comments(2)

GW

いやはや、世間はゴールデンウィークですね。
世の中のお父さんお母さんは、家族サービスをがんばっているのだろうなと思うけれど、まだ乳飲み子の我が家の場合は、人混みを恐れて外出はほぼ出来ずにおります……。授乳室とかオムツ替え台のあるトイレとかもきっと行列だから、ねえ。

しかし、ここは人がいないぞっていうところへ、行ってきました。わたしの猫ボラ現場です。ボラのおばさま達がハム太に会いたいと言ってくれていたので、餌やり中にお邪魔したところ、とっても喜んでもらえました。前に見てもらったときは、たしかまだ2ヶ月にならないくらいだったので「わ、大きくなったー」とビックリされてました。多分、2ヶ月弱の頃はほんとに小さかったと思うけど、今や平均を上回る勢いですからね……「まさに小さく産んで大きく育てたのね〜」って言われましたよ。

ハム太ももう6ヶ月。あたり前ですが、日に日に成長しています。感情が分かり易くなって、コミュニケーションが取り易くなりました。数日前に気がついたのは、遊んでいた物を取り上げたら怒るようになったこと。ちょっと前まではポカーンとしてて為すがままだったのが、所有欲なのか、邪魔されるのが嫌なのか、とにかく怒りの感情が出てきました。これも成長ですね。

ボラのおばさま達と会ったとき「後頭部がきれいなのは抱っこばっかりされてる証拠」「あんまり寝ないのね」って言われましたが、ほんとに、少し前までベビーカーでお出かけすると少し大人しくなってくれたのが、最近は「抱っこ抱っこ」と愚図ることが多いです。抱っこのほうがいろんなものが見えて楽しいのかな〜。しかし、重くて大変です。で、愚図って泣き出しそうなときに「ちょっと待って」と言いながら抱っこ紐の用意をするのを見たら、「ちょっと待つ」んです。抱っこ紐が抱っこのためのもので、準備してるんだって分かるみたいです(でも、手早くやらないと、怒られる)。

ハム太がわたし達とコミュニケーションが取れるようになるのと比例して、猫達の対応もちょっとずつ変わってきました。以前、暴れる有機体だった頃は、あんまり近寄るとすーっと逃げていたのが、ハム太がしっかり猫を見るようになり、意志を持って触ろうと手を伸ばすと、ちょっとの間「さわらせてあげる」とじっとしていてくれたりします。力加減のできないハム太がぎゅーっと毛を握っても怒らないでいてくれたり。猫にも赤ちゃんの成長度合いがわかるんですね。おもしろいものです。


f0370142_00363300.jpg

終わりかけのりんごを使ってりんごケーキを焼きました。小さい頃からの大好物。1年に1度は焼きたいケーキです。


f0370142_00363318.jpg

レーズンが無かったので代わりにカレンツを使いましたが、もともと小粒なので刻まなくて済むので楽でした。
今度からこっちでいこう・・・。




[PR]
by umitoramarine | 2017-05-06 01:03 | ハム太郎のこと | Comments(4)