シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

ベビーカーでお出かけ

はじめて、ベビーカーでお出かけをしました。
まずは、ご近所からということで、植物園へ。


f0370142_19281343.jpg

日差しのあったかい日で、気持ちよくなったのかハム太はウトウト・・・。
と、すれ違ったおばさまから、真ん中の池の側でカワセミが見られると教えて頂きました。
棲息しているのは知っていたのですが、肉眼では難しいところにいたりして、今まで見たことのなかったカワセミ。
教えられた池の畔で待つこと数分・・・来ました!

f0370142_19281347.jpg

わかりますか?
わからないですよね。^^;

f0370142_19281334.jpg
ここ! 左向きの横姿です。嘴がオレンジ色だからメスかな?
カワセミって翡翠とも書くんですよね。背中のブルーがとってもキレイ。
やっと見られてうれしかったー。

この他、姿は見えませんでしたが、キツツキの音を聴いたりしましたよ。

わたしは田舎で育ったので、ハム太も自然に近い場所で育てたいなぁ〜と思っていたんです。
本当は、ちょっと移住計画も持ち上がっていたのですが、下見をしに行ったら生粋の都会育ちの夫が「無理…」と言って計画倒れ。これからもこの辺に住むことになりそうだけど、近くにこんな場所があるのはラッキーなことです。


f0370142_19281499.jpg

ベビーカーに寝ているハム太の視点から写真を撮ってみました。
大きな木を見上げるのって、いいね。



[PR]
# by umitoramarine | 2017-01-08 12:09 | ハム太郎のこと | Comments(0)

猫と赤ちゃん

昨日のことだけど、うちの猫エーが初めてハム太にぴったり寄り添ってくれてうれしかったってことを、深夜に時間を作ってやっと書いたら、ネットワークが切れて投稿できず真っ白に消えてしまいました。

わたしがパソコンに向かって両手を使って物が書けるということが、どれほど貴重な時間か……わかってるの!?と誰かを責めたいけれど誰のせいでもない。

せめて記念写真を残しておきます。




f0370142_01175842.jpg


[PR]
# by umitoramarine | 2017-01-05 01:53 | ハム太郎のこと | Comments(0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
ハム太を迎えて初めてのお正月です。

去年までは、少しだけでもお節を作ったのですが、今年は無理だろうと早くに予約しておりました。実際、お雑煮を作るのがやっとだったので、頼んで正解。買ったお節は、縁起物をちょっとずつ万遍なく食べられて、けっこう良かったです。食べるのは二人しかいないので、少量ずつ作ったつもりでもなかなか減らないんですよねぇ。

f0370142_02273837.jpg

しかし、作るのはおろか、ゆっくり食べるのだって難しい(涙)。
なんとかお雑煮を食べ終えて、お節をつまんだら、わたしは夫とハム太を置いて自転車でGO!

行き先は、恒例の猫の餌やりボランティアです。
元日だろうが猫には関係ない。お腹を空かせた子達が待っていました。
餌やりしながら、「あけましておめでとう。今年も病気しないでがんばろうね」って声かけて回りましたよ。
家猫と違って、病院へ連れていくのに捕獲するのも、薬をやるのも一苦労だから、本当に元気でいてほしい。


f0370142_02273904.jpg
元日にわざわざ担当したのは、通常がんばって下さっているボランティアさんに、せめてこの日はゆっくりして頂きたいという気持ちからだったのですが、やっぱり夫とハム太に悪いことしたかなぁと心が重かったです。というのは、ちょうど前日に、年越し蕎麦を買いに外出したら、夫から電話があって「なにも買わなくていいからすぐ帰ってきて!!」と呼び戻されて。背後に、夫の声をかき消すようなハム太の泣き声……。夫は、むせながら泣くハム太を見て、息が止まっちゃうかもと本気で思ったそうです。わたしは、赤ちゃんにはままあることだと思ったけれど、大音量で大泣きする赤ちゃんの前で為す術もない夫の気持ちを考えるとね……。この日も同じようになったらどうしようと気が気でなくて、あんまりじっくり猫達のケアが出来なかったなぁ。慌てて帰宅してみたら、意外にもこの日は落ち着いていて、ドッと力が抜けましたけど。

小さい赤ちゃんを差し置いてボランティアなんかするべきじゃないのかなと少し思ったりもするけれど、自分のために、ほんの少しでも、赤ちゃんや家族以外の役に立っていたい気持ちがある。ママ100%にならないで、幸せなわたしでいるほうが、結局はハム太にとってもいいんじゃないかなーと思っています。

わたしは欲張りなのかもしれないけれど、今年の目標は、育児の傍らでも学び続けること。
ハム太といて、育児から学ぶこともきっとたくさんあると思うけれど、それ以外にもちょっとでも前進して行きたい。
そんな気持ちで、新年のスタートです。
今年もよろしくお願いします。



[PR]
# by umitoramarine | 2017-01-03 02:04 | つぶやき | Comments(2)

美術館デビュー baby

昨日のことですが、ふと思い立って、六本木ヒルズの森美術館へ行ってきました。ハム太も一緒。
ハム太を連れてだと、「ふと思い立って」出かけようにも、下調べが必要なのですが、先日、友人夫婦が「六本木ヒルズは赤ちゃん連れのお出かけにはなかなか良い」と言っていたので、HPを見てみると、確かにいい。

まず、授乳室やキッズルームがあり、ベビーカーの貸し出しもしているんです。
何度も行っているのに、親目線じゃなかったから、気づかなかったなぁ。
森美術館の展示も、ベビーカーで入っていいんです。これはすごい。

早速借りてみたベビーカー。STOKKEの、寝かせるタイプのものです。
ほかに、もう少し大きい子用に座るタイプのベビーカーと、角度の変えられるのがありました。



f0370142_13091459.jpg

美術館では、他にも展示をやっていましたが、わたし達が見たのは『宇宙と芸術展』。


f0370142_13091539.jpg

こちらは江戸時代から伝わる「うつろ舟」の絵。
茨城県の太平洋沖に現れたと言われ、UFOではないかと言われています。
ほんとにこんなのが来たのかな〜?


f0370142_13091525.jpg

宇宙人の人形? 近くで見ると妙にリアルな産毛が生えていて気持ち悪いです。

f0370142_13091624.jpg

これは、説明読んでもよく分からなかったけど、ビジュアルが気に入った! かわいい。

f0370142_13091671.jpg

美術館にいる間、ハム太はすやすや寝ていてくれたんだけど、出てからぐずぐず言い始めたので、キッズルームへ行っておむつ替えなどしてミルクをあげました。電子レンジやミルクをつくるお湯もあって、便利だな〜。
調子に乗って、夕飯を食べて帰ろうと思ったら、オーダーが済んだところで泣き始めたので、抱っこしたままハンバーグを食べました。ナイフ使えないので、夫に小さく切ってもらって、フォークで。最近は家でも夕食時に泣くから、ほとんど片手食い。行儀悪いけど、しかたありません。

結局、焦ってゆっくり授乳が出来なかったので帰りのタクシーで大泣きしてしまいました。
でも、すごく疲れたけど、出かけられてよかったーと夫が言ってくれてよかった。
ハム太を連れてると、「あんなに小さい子を?」とぎょっとされることが多いです。まだ2ヶ月もならないので確かに小さいんだと思うけど(生まれたときと比べて「大きくなった!」って感覚になってしまう)、1歳2歳になるまで家から離れられないなんて嫌〜。ちょっと大変でも、下調べをしてお出かけを楽しみたいと思います。

ちなみに、六本木ヒルズの施設について調べているときに発見したの。
今は、映画館に「ママズデー」なるものがあって、赤ちゃん連れで入れる日があるんですね!
照明は明るめ、音は小さめで泣いてもお互い様、なんですって。
こちらにも是非挑戦したいと思います♪


[PR]
# by umitoramarine | 2016-12-31 23:09 | ハム太郎のこと | Comments(0)

トンカツ

昨日の夕食、トンカツを食べに行きました。ハム太を連れて!

f0370142_01181070.jpg

生まれてから、検診を除いて3度目のお出かけ。初めての外食。
近所に、有名だけど行ったことのないトンカツ屋さんがあって、調べてみたらかなり席数も多くお座敷のある店だったので、お座敷を予約してから行きました。出発の1時間前から、ミルク飲ませてオムツ替えて準備して。お店がけっこう賑やかだったせいか、目を覚ましちゃったんだけど、泣くこともなく最後まで食べられました! 揚げ物をあったかいまま食べれるなんて、幸せー♪

とは言っても、いつ泣くかと思うと前みたいにゆっくり落ち着いては食べられず、ついつい早食いに。写真も焦って撮ったのか、あらためて見るとなんて酷い画なんだ(笑)。小さなことにヒヤヒヤしながらの外出だけど、ちょっとずつ慣れていきたいです。

帰宅後、テレビをつけたらスマスマ最終回をやっていて、ちょうど、最後の『世界でひとつだけの花』が流れるところでした。わたしはSMAPのファンではないし、解散することについては何とも思わないけれど、28年間、いろんな苦難を乗り越えて、私生活も犠牲にしながらがんばって来たのだろうに、壊れてしまった関係をを晒しながらの幕引きはメンバー全員が辛いだろうなと思いました。アイドルの性質上、本当は最後まで笑顔で「ありがとうございました」と言って終わりたかっただろうな。でも、これまでも無理を重ねてきて、あとほんの少しを耐えられないところまで来ていたのかな。表面を取り繕うことさえも出来なくなったからこそ、解散せざるを得なかったのだろうなぁ。なんて、しみじみ考えてしまいました。なんにせよ、別々の道を歩むと決めたのだから、今後はそれぞれがもっと輝いていけるといいね。


[PR]
# by umitoramarine | 2016-12-28 01:17 | ハム太郎のこと | Comments(0)