シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

見えてる?

生後すぐは、ただの鼓動する、泣いて飲んで出す生命体みたいだったハム太。
目線は定まらず、耳も聴こえているか定かでなく、自分のまわりがどうなっているかなんて少しも感知できないようで。

はじめて「見てる」と感じたのは、生後2〜3週の頃だったかな。
授乳しつつテレビを観ていて、ふと下を見ると、わたしの顔をじっと見ていた。でも、「まだ見えないよ」と言われ、母親の顔は明暗で判断できるとテレビで観たことがあったから、それで見ているんだなぁと。

わたしの顔以外で反応しているのを見たのは、生後3週になる11月24日だった。
ベッドに寝かせていたら、ヘッドボードに猫が飛び乗ってきたのに驚いて、両手両足をびょんっと挙げて目を見開いた。その後、とっとと去って行く猫を目で追っていて、「やっぱり見えてる?」と。この頃から、わたしのいる方をいつも首を曲げて見るようになった。

そして、先週土曜日、12月16日、ベビージムに転がしておいたら、カランカランとオモチャを鳴らしたり「アー」だの「エー」だの言っていたのが、ふと静かになったので見てみると、ジムの鏡に映った自分の顔を首を曲げて「じーーー」っと見ている。絶対見てる。その後、抱っこして、廊下に飾ってある絵をいくつか見せてみた。前に立っても、すぐに目線が定まるわけではないんだけれど、絵を認識すると急に両方の目線が吸い込まれるのがわかる。そして、その場から動くと、首を動かしてまだ絵を見ている。わたしが描いた猫の絵と、人の写真、どちらも同じように反応した。

ネットによると、生後1〜2ヶ月の赤ちゃんの視力は0.01〜0.02ほどで明暗が分かる程度ということだけど、ハム太は絶対にもっと見えていると思うなぁ。

ということを夫と話すと「うちの子天才かもね」なんていう親バカの結論に達してしまう。

赤ちゃんの能力ももちろん個人差があって、一般的な成長速度に合わないことだってあるけれど、赤ちゃんの時点での速かった、遅かったって、将来的にはほとんど関係なくなるのは分かっている。分かっているのですよ。

でも、こんなふうに親バカになれるのも、楽しいことだな〜と思います。


f0370142_11180197.jpg

ハム太の代わりに、ベビージムを満喫するうちの猫。



[PR]
by umitoramarine | 2016-12-22 12:20 | ハム太郎のこと | Comments(0)