シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
ハム太を迎えて初めてのお正月です。

去年までは、少しだけでもお節を作ったのですが、今年は無理だろうと早くに予約しておりました。実際、お雑煮を作るのがやっとだったので、頼んで正解。買ったお節は、縁起物をちょっとずつ万遍なく食べられて、けっこう良かったです。食べるのは二人しかいないので、少量ずつ作ったつもりでもなかなか減らないんですよねぇ。

f0370142_02273837.jpg

しかし、作るのはおろか、ゆっくり食べるのだって難しい(涙)。
なんとかお雑煮を食べ終えて、お節をつまんだら、わたしは夫とハム太を置いて自転車でGO!

行き先は、恒例の猫の餌やりボランティアです。
元日だろうが猫には関係ない。お腹を空かせた子達が待っていました。
餌やりしながら、「あけましておめでとう。今年も病気しないでがんばろうね」って声かけて回りましたよ。
家猫と違って、病院へ連れていくのに捕獲するのも、薬をやるのも一苦労だから、本当に元気でいてほしい。


f0370142_02273904.jpg
元日にわざわざ担当したのは、通常がんばって下さっているボランティアさんに、せめてこの日はゆっくりして頂きたいという気持ちからだったのですが、やっぱり夫とハム太に悪いことしたかなぁと心が重かったです。というのは、ちょうど前日に、年越し蕎麦を買いに外出したら、夫から電話があって「なにも買わなくていいからすぐ帰ってきて!!」と呼び戻されて。背後に、夫の声をかき消すようなハム太の泣き声……。夫は、むせながら泣くハム太を見て、息が止まっちゃうかもと本気で思ったそうです。わたしは、赤ちゃんにはままあることだと思ったけれど、大音量で大泣きする赤ちゃんの前で為す術もない夫の気持ちを考えるとね……。この日も同じようになったらどうしようと気が気でなくて、あんまりじっくり猫達のケアが出来なかったなぁ。慌てて帰宅してみたら、意外にもこの日は落ち着いていて、ドッと力が抜けましたけど。

小さい赤ちゃんを差し置いてボランティアなんかするべきじゃないのかなと少し思ったりもするけれど、自分のために、ほんの少しでも、赤ちゃんや家族以外の役に立っていたい気持ちがある。ママ100%にならないで、幸せなわたしでいるほうが、結局はハム太にとってもいいんじゃないかなーと思っています。

わたしは欲張りなのかもしれないけれど、今年の目標は、育児の傍らでも学び続けること。
ハム太といて、育児から学ぶこともきっとたくさんあると思うけれど、それ以外にもちょっとでも前進して行きたい。
そんな気持ちで、新年のスタートです。
今年もよろしくお願いします。



[PR]
Commented by africaj at 2017-01-05 13:47
明けましておめでとうございますっ。
まだ1歳に満たない子との生活は、せわしないですよね。
頑張って!
私なんてもうすぐ巣立ちなので、ああ16年って自分の一生のほんの一部なんだなあってつくづく。その中でも夜も眠れない忙しさは生まれたてのほんの1年ですもん。大事にね。

ボランティア、いいじゃないですかー。
スペインに居た時、ヨーロピアンたちはベビーシッターに預けて自分の時間を楽しむのは当然のようだったよー。
私は信頼できるベビーシッターがいなかったのと、パパ以外には預けたくない気持ちもあって預けなかったけれど。
1人での子育てと違って、2人でなら預け合ったほうが絶対にいいと思うもの。
最初母性本能ばりばりで可愛くて赤ちゃん独占したかったけど、母乳冷凍でパパも哺乳瓶であげる2人ママ状態で育ててw。結果的に二人でスキルが上がって、責任半分づつで育てたのはよかったかな。
Commented by umitoramarine at 2017-01-08 13:29
あけましておめでとうございます!
16年ってそんなに短く感じるものですか〜? でも確かに、日々の成長を追って行ったらあっという間なのかもしれないですね。
わたしはそもそも子ども大好きなタイプじゃないので、生まれた子をかわいいと思えるかどうかも自信がなかったんです。生まれてみたら可愛くて、意外にも、大声で泣かれてもイライラするどころか「かわいい〜」と思える余裕もあってそれはよかったんだけど、独占したいというところまでは母性本能が強くなかったみたい。たまに、一人で出かけているときに「乳飲み子がいる母の行動じゃないよなぁ」と自分を客観視して驚いたりしています。でも、こうして外に出ているからこそイライラしないのもあるんだろうなぁ。うちもパパにがんばってもらって、パパッ子に育てたいと目論んでいます。が、夫のがんばりにも関わらず、赤ちゃんって本能的にママ!ってなるみたい。幸せな不自由ですね。笑
by umitoramarine | 2017-01-03 02:04 | つぶやき | Comments(2)