シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最近読んだ本 「洗面器でヤギごはん」

最近、ブログの更新速度がめっきり落ちています。
実はね、ジムに入会したのです。
それで、隙を見ては夫にハム太を押し付けて、ヨガなりピラティスなりをやって、産後のぷよぷよは少しばかり締まってきたはずなんですが(体重計は変わりませんが、そう信じています)、引き換えに、絵を描いたりブログを書いたりする時間はグッとなくなりました。
あ、でも、「100枚の絵を描くプロジェクト」は無期限なので、投げ出したつもりはありませんよ〜。

さて、わたしにとって、どんなに忙しくてもどうしてもやめられないものの一つが読書で、図書館へは時々通っています。
うちから徒歩20分くらいのところにあるので、ベビーカーを押して行くこともあります。ハム太は、静かで自分の声がよく響くところへ行くと喜んで「あ!! あ!!」と叫ぶので、ゆっくりしみじみと本を選ぶ余裕はありませんが、人も本も、ひょんな出会いが良いご縁に繋がることがあります。

先日、ハム太が叫び出したので、帰らなければととっさに掴んだこちらの本。

f0370142_00252046.jpeg

一緒に借りた他の本を読み終わって、最後まで残っていた本ですが(せっかく借りても開くことなく返すことも度々あります)、おととい読み始めて見たら面白くてやめられず、次の日の辛さは承知で深夜まで読みふけってしまった本です。

自転車で7年半かけて世界一周をした紀行本で、3冊シリーズのうち3冊目(もちろん前の2冊は読んだことありません)。
前の2冊は違うようですが、こちらは食という切り口から各国で見たこと感じたことを書かれていて、食いしん坊のわたしにはおそらく前の2冊よりも興味をそそられる内容でした。

自転車で移動し、テントで宿泊するような旅なので、美味しいレストランの話などはほぼ出てきません。多分、わたしがその場へ行ったとしても、口にするのを躊躇するような屋台飯の話が多く、きっと美味しいものばかりではない。むしろ何度もお腹を壊している。でもなぜか、とても惹かれてしまうのです。

わたしは旅行が好きです。
初めての土地を行く高揚感、現地の人と話す楽しみ、不意に何かを理解して、視点が変わり見知らぬ土地が自分の居場所(単に地球の上のある部分)のように感じる瞬間、そしてまた急に襲ってくる孤独感も含めてー作者は描写や表現が上手くて、読んでいて自分が旅しているような気持ちにさせてくれました。

高級ホテルに泊まるような旅行も嫌いではないけれど、こういう現地の人に混ざって埃をかぶるような旅に心惹かれます。
わたしも若かったら、、、そして子どももいなかったら、、、などと、考えちゃった。
でも、わたしも多少は一人旅をしていて身に沁みてわかっているのですが、こういう旅は女性にはできないね。筆者も含めて、男性ももちろん危険な目に遭うことはあると思うのだけど、女性はその比ではない。

作者は行く先々で、現地の人の厚意でご飯をご馳走になったり、泊めてもらったりしているけれど、こういうときに声をかけてくれるのは男性が多いのです。多分、旅の人が男性だった場合は、一宿一飯の恩義は旅話で済むと思うのだけど、女性だった場合は女性ならではのことを求めて来られることが多くて。わたしも、旅行をしていて、幸い危険な目に遭ったことはないんだけれど、まあどこへ行っても「結婚してないの? 彼氏は?」と訊かれるし、親切にしていただいた後には、しつこくされたりとか、だいたい後腐れがあったなぁ・・・。

だから「またいつか!」って気持ちよく通り過ぎて来られるのって、男性ならではだと思うんですよね。
それがとても羨ましい。
これまであまり男性を羨ましく思うことはなかったけれど、この本を読んで、そんな感情が芽生えてきました。
そんな新しい感情に会えたのも嬉しいな。
前の2冊も読んでみようっと。





[PR]
Commented by YUE at 2017-11-19 15:30 x
umiちゃん、遅くなりましたが、ハムちゃん1歳、おめでとうございます。
本当にめでたいわ。
そして、umiちゃんも母として1歳ですね。
私も遠くでハムちゃんを見守るあやしいおばちゃんとして1歳を迎えさせてもらえる幸せ~をしみじみ今、思っています。ありがとう。


私、いろいろあったけど、以外となんとかなるもんだ・・・と感心するくらい思いました。
いろんなことが重なってどうしよう・・・なんて思いましたが、そんな時間はずっと続くわけでなないっ!ということ、実感しました。
それに、どんなに忙しくてもこれだけはやめられない・・ってものがあると、以外とそれに助けられたりする。(心理的にも)

umiちゃんの文を読んで、そうよね、やっぱり・・・と心強く思いました。こっちも、ありがとう~(笑)

Commented by umitoramarine at 2017-11-23 15:03
*YUEさん

お久しぶりです〜。
ブログ復帰されて嬉しい♪
お祝いの言葉もありがとうございます!
遠くで見守ってくれるおばちゃんがいて、ハム太は幸せ者だと思います!

いろいろあったんですね。
わたしのは好きで忙しくしてるのかもしれませんが、さてどうなるか〜という大変や、辛い大変な時もありますよね。
どうしてもやめられない好きなことって支えになりますね。
YUEさんのやめられないことはなんだろう? ブローチ作り?
そして、こういうやりとりも支えになります。
こちらもありがとうございます^^
by umitoramarine | 2017-11-17 01:24 | 本のこと | Comments(2)