シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

16年ぶりの再会

アメリカ時代の台湾人の友人がやってきた。会うのは実に16年ぶり。

朝からバタバタと掃除をしたのだが、先日買ったばかりのクイックルワイパーを使ってみたら、面白いほど掃除が楽で、自室と寝室のブラインドまで全て綺麗になった。トイレクイックルもそうだけど、使う前はウェスと重曹やクエン酸スプレーならタダ同然の掃除にコストがかかるようになるのに抵抗があるけれど、使ってみるとその手軽さと使い心地に手放せなくなる。何より、掃除が手軽だともっとマメに掃除をするようになるので、コストをかけるだけのことはあるのかもしれない。

掃除中に、ふと脈絡なく思ったことなのだけど、「家族を大切にしなさい」というのは、誰でも使える一番簡単な呪いの言葉ではないだろうか。なぜなら、誰もがそれを正論だと知っていて、しかし家族として大切にされた実感を持っていればそのような言葉を投げられることもないからである。誰かに偉そうにしたいときは、この言葉を使えばいい。

肝心の友人だが、実は元々それほど親しくなくて、仲間内の一人という感じだった。
二人きりで会うのは、学生時代を含めて今日が初めてだ。
その理由の一つに、彼女がわたしよりも5つほど若くて当時は子どもに見えたせいもあると思うのだけど、互いにアラフォーとひとくくりにできるくらいになって、歳の差は気にならなくなっていた。歳を重ねるほど歳の差が縮まるということは、歳を取ることで良いことの一つだと思う。

16年間のことだけじゃなく、出会う前のことについて互いに話し、彼女のことが前より理解できるようになった。初めて、ちゃんと友達になったという感じ。今回、会えてよかったな。

彼女はこれから大阪、北海道を巡ってまた東京に戻ってくるそうだ。
戻ったとき、また会えたら会おうと言って別れた。


[PR]
by umitoramarine | 2017-12-04 23:03 | つぶやき | Comments(0)