シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

同僚とランチ

今日は元職場の同僚とランチの約束で、前々からハム太に会いたがってくれていたので連れて行った。
初対面の一言は「脚、長いですね」。
ハム太は脚が長いと、いろんな人によく言われる。毎日見ていると、そんなに長いのかわからないけど。

元職場の人たちがよく利用するレストランなので、ご飯を食べていたらフランス人の元上司がやってきた。
彼がハム太に、日本語で「ヘンなおじさんだよ〜」と言いながら顔を覗き込んだら、ハム太はパチパチと拍手した。

ランチの後は、猫ボラのおばさま宅に伺った。
おばさま達は3人揃って待ちかまえていてくれたのだけど、移動中にハム太が寝てしまったので、布団を敷いてくれた。
今日伺うことを連絡したのは昨夜少し遅い時間だったのに、ハム太のためにアンパンマンビスケットが買ってあった。
おばさま達は実の祖母以上かと思うくらいハム太を可愛がって会える日を心待ちにしてくれているのだけれど、そのかぶりつかんばかりの勢いに、ここ最近会うたびにハム太は泣いていた。もし今日も泣いてしまったら、やんわりと伝えようかなあと思っていたら、おばさま達も気がついたのか、今日は猫に対するときみたいに、用心深く距離を取っていた。おかげで、目が覚めてしばらくしたハム太は上機嫌で遊んでいて、笑顔がたくさんでよかった。

おばさま達も、ハム太の背が高い、脚が長いと言う。
「これで立っていたら3歳児と思うわよ」と言われて、それはさすがに大袈裟だと思ったのだけれど。

帰宅した夫が、知り合いの画家さんから頂いたというハム太のための可愛いベストをくれて「大きすぎたら返品するから返してって」と言う。それで、タグを確認したら、24m 86cmとある。 2歳児用の86cmサイズということだ。先日、那須塩原のホテルの壁に身長計が貼ってあり、ハム太はだいたい88cmだった。そのときは、「なんだ、まだ90cmはないのね〜」という感じだったのだけれど、88cmは相当高い方だったのか。

そういえば、ハム太はいつもズボンから脛がはみ出ていて、わたしは赤ちゃん用のズボンはなぜみんな7分丈なのだろうと思っていた。あれは7分丈ではなくて、ハム太の脚が本当に長いということだったらしい。

赤ちゃんの頃の体型は、今後の成長にどれくらい響くのだろう。
できたら、このまますくすく、背が高く足長に育ってくれたらいいなと思うけど・・・親類縁者にそういう人があまり見られないので、希望は持たないことにしようと思う。


[PR]
by umitoramarine | 2017-12-14 23:19 | つぶやき | Comments(0)