シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

久方ぶりの大雪

昨日、整体に行ったのです。
丁寧に2時間半くらいもかけて調整してくださり、「明日はちょっとだるくなるかもしれません」と言われていたのですが、今朝、朝ごはんを食べて少ししたら本当にだるーく重ーくなって、抗いがたい眠気が……。

それで、ハム太のお昼寝に付き合って一眠りすることにしたのです。まだ12時にもなっていなかったと思いますが、目が覚めてみるとなんと15時半。そして、外がいつの間にが銀世界に!


f0370142_23411400.jpeg
大雪だとは予告されていましたが、お昼寝の間に世界の色が変わっちゃうなんて、ちょっとファンタジーの世界に迷い込んだよう。ハム太に窓の外を見せてあげたら、わかっているのかいないのか、ニコッとしていましたよ。
幼い子どもにとって、何もかもが新鮮な反面、ここで銀世界を見る稀さはあまりわからないのだろうなあ。

夕方、夫の反対を押し切って駅前のスーパーへ。
どうしても買い物しなきゃご飯が作れないって訳ではないけど、外に出たかったの。
寒いのは好きじゃないけど、きっちり防寒して暖かな布に包まれて寒い中を歩くのは幸せ。
先日衝動買いしてしまったアルパカのニット帽も早速活躍してくれました。
雪の日の空気、好きです。
空気がちゃんと雪の匂いがするし、滑らないよう恐々歩くのも、楽しくて。
この、空気のつめたさ、手触り、さっくりと新しい雪に足を踏み入れる感触、これをテレビじゃなく窓越しじゃなく感じられるってなんて幸せなんだろう。ハム太にも味わわせたいなあ。危険なのでとても外に連れ出せませんが・・・。

テレビでは、入場制限がかかった駅で溢れかえった人々を映していて、雪を喜べるなんてまあ呑気な身分だからだなとは思いま下が、でも、楽しい。

夕ご飯は、あったまるように、ほうとううどんを作り、このところは毎晩ですが、猫たちにも湯たんぽを作ってあげました。

猫といえば、保護猫パリちゃんは、うちに来てからかなり元気になりました。
保護前は、今年の冬は越せないだろうということで家に入れたのですが、家に来てから少しだけ肉がつき、毛艶も良くなり、あと5年くらい生きられそうな雰囲気に。良いことではあるのですが、末期猫の最期を見届けるために保護しているつもりなので、なんだか複雑な気持ち……。笑

でも、今日のような雪の日に外にいたら、骨と皮だったパリちゃん、本当に凍死しかねないし、まだ外にいたら心配で胸が痛かっただろうな。やっぱり家に迎え入れておいてよかったです。

家族がそれぞれ、暖かくして眠っているのを眺めて、気持ちも暖かい夜でした。









[PR]
by umitoramarine | 2018-01-23 00:14 | つぶやき | Comments(0)