シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

最近読んだ本 「永遠に生きる犬」

先日、GINZA SIXのTSUTAYA書店で、読書で世界旅行をテーマに各地域ごとに選ばれた本が並んでいました。こちらはニューヨークセクションで見つけた本。

f0370142_15290888.jpeg

ニューヨークで貧乏(と本人が書かれている)デザイナーとして暮らす作者が、わたしもだいすきな漫画「動物のお医者さん」に憧れて、一人暮らしなのにハスキー犬チョビと暮らし始めてから、チョビが亡くなるまでをまとめたエッセイです。

わたしも、一人暮らしのときに猫を飼い始めたのですが、猫1匹でも大変なのに、犬(元々いる猫に加えて、なのです)、しかもハスキー、しかもマンハッタンで、です。しかも殆ど一目惚れで飼うことを決めてしまうのです。失礼ながら、大丈夫かこの人、と思いながら読み始めましたが、ユーモアがあって軽やかな文章に乗せられて読み進むうちに、こちらの身にも覚えがあるような数々トラブルに直面してはなんとか切り抜けようとする姿にいつの間にか自分を重ね、チョビが老いていくくだりでは一緒に胸が締め付けられ、最後は涙で本を閉じました。

作者の竹内さんも文中に同様のことを書かれているのですが、わたしも猫を飼っているけれど犬も大好き。犬派猫派じゃなくて動物派、と言いたいくらい動物好き。動物好きに悪い人はいない、かどうかは知りませんが、動物好きな人とは分かり合える、気がします。

(ご自身が)死ぬときにはチョビが迎えに来てくれたらいい、とも書いてあったけど、わたしも実は、世話している猫たちによく言うのです。できたら、その時は迎えに来てね、って。これまでご縁のあった動物たちが、うじゃら〜と勢揃いして来てくれたら、わたしはすごく嬉しいなあー。親戚とかに会うのは後で良いんで(笑)。

舞台のニューヨークですが、かれこれ15年以上前ですが、一度行ったことがあります。学生上がりの貧乏旅行で、ユースホステルに泊まって、地下鉄に乗って、一度なんかマンハッタンを徒歩で縦断したなぁ。クリーンではないけれど、美しく楽しい街でした。あの街で、独身で、大きな犬と暮らす。同じ街に暮らす人々との、犬を介してのやりとり。楽しいだろうなあ。大変だろうけど、絶対楽しいよなあ〜、と、本を読みながらちょっと夢も見られますよ。

動物好きさん、もしかして独身だけど犬や猫を飼いたくて迷っている人なんかにもオススメした一冊でした。
あ、ちなみに表紙はよく見たらヒグチユウコさんですね。
中には作者ご本人の書いたチョビのイラストもあって可愛いです。




[PR]
Commented by papricagigi at 2018-06-06 01:08
この本、偶然ネットのブックリビューで読んで気になってたの~!umiさんの感想をみて、キンドル版を買っちゃった。楽しみ!相方の妹さんが以前NYに住んでいたんだけど、彼女もNew Yorkersは大好きよって言ってた。犬を連れているとそこから会話が始まるっていうの、わかる~。特にパピーを連れていると、みんな立ち止まって話しかけてくれるよ。Gusも11歳になってずいぶんスローダウンしてきて、ときどきふと「あと何年一緒にいられるのかなぁ」って思う。それでかな、最近よく犬との暮らしや老犬のことが目につくよ。私も今まで一緒に暮らした動物たちや会話を交わした生き物たちに迎えに来てもらいたら幸せだな~。
Commented by umitoramarine at 2018-06-06 23:30
*papricaさん

わ〜偶然♪ 同じ本を読むのってなんだか楽しいね。読んだら感想聞かせてね〜。

そうそう、犬を飼うことの良いところは、お散歩で人との会話が増えることよね! それはきっと、どこでもそうだと思う。道端で犬の散歩中の人がお互いにご挨拶して仲良くなっていくところ、本当によく見かけるよ。猫との暮らしもとても楽しいけど、そればかりは犬飼いさんが羨ましいな〜と思う瞬間。

そうでなければ困るとわかっていても、小さい頃から育てた動物が先に老いていく姿を見るのは切ないものよね。でもおかげで、1日1日を大切にしようと思えるし、いつか迎えに来てもらえると信じよう(笑)。多分きっと、ほんのしばしの別れなんだと思うな。
by umitoramarine | 2018-05-30 23:17 | 本のこと | Comments(2)