シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

最近読んだ本 3冊 

少し前に、わたしが感想を書いた「永遠に生きる犬」を、ブログのお友達のpapricaさんが読んで感想を書いてくれました。
今回は、別のお友達のYUEさんが紹介してくれた本を、わたしが読んでの感想です。
f0370142_23232087.jpeg
ある不思議なオルゴール店を舞台にした短編集です。
一つ一つ、別の主人公の物語なんだけど、1冊の本としての流れもある。
ネタバレになっちゃうのであまり書けないけど、大人のファンタジーと言って良いのかもしれません。
児童文学にもあるよね。不思議な駄菓子屋とかで始まる物語。

わたしが図書館で借りた本には帯はついていなかったけど、YUEさんのブログによれば「号泣必至」と書いてあったらしい。
号泣・・・いや、涙は出ませんでしたが、きゅんとしてほっこりしました。
特に、短編の一つで幼い男の子のお母さんの物語があったんですが、その話に一番感情移入してしまいました。
ハム太が生まれるまで、こんな年齢になっても、母より子ども側に感情移入したものだけど・・・母のスイッチが入ってしまったんだなあと、しみじみ。
そして、いくつになっても、親になっても、決まりきった日常に心地よい揺さぶりをくれる魔法のお店があるといいなと思っちゃうのよね。
このお店、あったらわたしも行ってみて、オルゴールを購入してみたいものです。
YUEさん、素敵な本を紹介してくださってありがとう。


次は、雑誌の書評コーナーで知った小山田浩子さんの本。芥川賞作家なのですね。
雑誌に取り上げられていたのは、「庭」という新刊だったのですが、そちらは借りられなかったので、こちらを。

f0370142_23233394.jpeg
独特の文体で、日常的かと思っていたら、いつのまにか不思議な世界に迷い込んでいました。
こちらも、大人のファンタジーと・・・呼べるのかなぁ。リアリズムじゃないのは確かですが。
ちょっと不思議というか、怪奇的、というか。
でもそれは、魔法とかそんな可愛いものじゃなくて、自らを疑ってしまうような不思議さ。
結局、不思議の正体はわからずじまいなのですが、なんとも引き込まれて読み進めてしまった1冊でした。


それからこちらは、大好きな梨木香歩さんの本です。
梨木さんの本は全て読んでいるので、図書館の棚で見つけて何も考えずに手を伸ばしたのですが、その時、タイトル左にある見慣れないお名前を、副題かと思ってしまいました。実際には、師岡カリーマ・エルサムニーさんとの往復書簡でした。

f0370142_23234761.jpeg
カリーマさんは、エジプト人の父と日本人の母の間に生まれ、子ども時代をエジプトで過ごし、日本人ではあるけれどムスリム教徒なのだそうです。ISの暴挙が大きく取り沙汰され、それがイスラム教徒全体への警戒と結びつくようになった頃、イスラム教について勉強したいという梨木さんの願いでカリーマさんを紹介され始まった文通であると、あとがきに明かしてありました。

何も知らずに読み始めたわたしは、はじめの「誰?カリーマって」という疑問は捨て置いて、すぐに夢中になりました。梨木さんとカリーマさんのお手紙、どちらも研ぎ澄まされた知性と感受性が滲み出ていて、その二人が日常的な目線から世界について語っている……。そして、文通を重ねるごとに、二人の友情が醸成していく感じが伝わってくるのです。

いいなあ! わたしも梨木さんと文通したい・・・と急にミーハーになってしまいましたが、それくらい、魅力的な文通でした。
例えば、政治家やジャーナリストの視点から、世界の在り方を語られても、どこか他人事のようで、机上の空論のようにも見えて、あまり興味の持てない自分がいるのですが、こちらの本を読んでいたら、もっと世界のことを知りたい、なんて思ってしまったのです。すぐに、カリーマさんの書いたイスラムについての本も予約してしまいました。

イスラム教徒といえば、わたしにとってはそう遠い存在ではなくて、留学していたアメリカの大学にも、ハム太が誕生する少し前まで10年以上働いていた会社にも何人かいました。とても優しい人も、面白い人も、気難しい人も、いたな。それはどの人種も同じことで、宗教だけで一括りにすることなんてできません。なので、イスラム教徒とイスラム国を重ねることは、わたしはなかったのですが。

ある意味、全人的に付き合っていたとも言えるのかもしれないけれど、わたしにとって職場の人の宗教がどうやらというのはどうでも良いことで、「ラマダン月だから(お腹が空いて)イライラしているのかも」なんて思ったことはあったけれど、それ以上、深く知ろうとも考えようともしていませんでした。

いろんな国の人がいたので、イスラム教徒の彼らに限った話じゃないのですが、今思えば、もっと彼らのバックグラウンドに興味を持っていたらよかった、もっと違う世界のいろんなことが知れたかもしれないのに、と思います。そんな風に感じるのは、友達に会ったりするのはせいぜい月に1回程度で、息子と夫の顔ばかり見ているからかもしれないけれど。だから、二人の文通に羨望を感じるのかな。多分それもあるでしょう。笑

文通どころか、メールもすぐに返せない今日この頃なので、誰かと密なやりとりをするのは難しいのだけど、冒頭で書いたみたいに、ブログでゆるく繋がって、お互いの紹介した本を読む、なんていうのも楽しいよね、と思います。



[PR]
# by umitoramarine | 2018-08-02 00:25 | 本のこと | Comments(2)
いやはや、今日も暑いです。
ネットで知ったんだけど、この暑さの中、朝から夕方まで車のダッシュボードに卵をパックごと置いておくと、茹で玉子ができるんだって。
もし、一日中、日陰にならない場所に置いた場合は、しっかり固ゆでになるそうな。恐ろしい。
他に暑さを利用する方法としては、車の中にクッションやら枕やらお布団やら詰め込んでおくと、ダニが死滅するらしいです。

ちなみに、車内の温度は一気に上がりますので、ほんの5分でもあなたの愛する家族やペットやチョコレートを置き去りするのはなしですっ。当たり前だけど。

さて、暑いとエスニック系の料理が食べたくなりますね。
わたしはチャンスがあればインドカレーを食べています。

先日、息子が預かりの日に、どうしても食べたくて、このためだけに東銀座へ行ってしまった。
南インド料理「ダルマサーガラ」です。
このお店を知ったのはもう15年以上前だけど、当時、インドカレーといえばバターチキンを代表とするコッテリの北インドカレーが主流だったのね。サグパニール(ほうれん草とチーズのカレー)とか今でも大好きですが。

でも、北インドカレーを全インドのカレーだと思っていたわたしには激しく衝撃を与えてくれたのが「ダルマサーガラ」のミールスで、暑くなってくるとどうしても食べたくなるのです。さらっとして胃に重たくなく、体の奥深いところからエネルギーを呼び覚ましてくれるようなスパイスの妙味。ここのカレーなら毎日、お味噌汁感覚で食べられると思う。

f0370142_23112453.jpeg


でも気がつけば、最近は南インドカレー屋さんが他にいくつもできていたようで、こちらはAfricaさんに教えていただいた「バンゲラズ・キッチン」のランチミールス。ダルマサーガラのとはちょっと違う、南インドでもマンガロール料理なんだって。南インドも広いもんね〜。わたしの知らないカレーが星の数ほどあるんだろうなぁ・・・。

f0370142_23103541.jpeg
他にも、写真がないんですが、最近すごく美味しいカレー屋さんを見つけたのです。
そこのは、インドの何カレーだかわからないんだけど、全然辛くないのにちゃんとカレーで美味しくて。
カレーって本当に奥深いです。

前に、インドが舞台の映画「LION」について書いた時、わたしの唯一のインド体験と、「インドには2度と行きたくないと思った」ということを書いたんですが、いろんなインドカレーを食べているうちに、「いつかインドをゆっくり旅行して、カレーを食べ歩きたいなあ」なんて思うようになりました。

あとね、なんだかんだ言って、インドが舞台の映画をいくつも観ているのに気づいたしね。
「マリゴールドホテル」とか、好きです。
最近は「バーフバリ」も観てしまったー。

10年くらい前から、細々とヨガを続けているんだけど、最近とっても素敵なアシュタンガヨガの先生に出会ったのにもインドへの興味に拍車をかけています。

インドを旅するのは、まああと少なくとも15年ほどは無理そうですが、お家でインドカレーを作りたいなと思っている時に出会ったこちらの本。魅力的で買っちゃいました。
ただ、こちらの治療院はインドじゃなくスリランカにあるみたいなのですが。
ここにもいつか行ってみたいな〜。

f0370142_23114473.jpeg
レシピの中に「カレーリーフ」っていうのが出てきて、調べてみたら、日本ではほぼ生の葉っぱは手に入らず、乾燥のだと格段に香りが弱くなるそうなのです。それでね、買っちゃった。カレーリーフの苗。


f0370142_23100650.jpeg

本当は木みたいに大きくなるらしいんだけど、今のところ15センチくらい。とても料理には使えません。笑
でも、どうせカレーも作ってる暇はないので(息子が食べられないしね)、息子と一緒に大切に育てようと思います。
そのうち、息子が大きくなって時間が取れるようになる頃、カレーリーフの木も大きくなって、美味しいカレーが作れることでしょう。
それまで、枯らさずに育てられますように・・・。













[PR]
# by umitoramarine | 2018-07-19 23:43 | つぶやき | Comments(2)
昨年末、パリちゃんが我が家へ来てから半年が経ちました。
冬を越せないだろうと思われていたパリちゃん、元気でがんばっています。

驚かされるのはその食欲で、うちの猫たちはひとつかみのカリカリ+パウチ一袋(または缶詰一つ)を食べるところ、パリちゃんは毎日5〜6袋のパウチ+少量のカリカリを食べるのです。うちの他の猫はカリカリ+パウチ1つなので、3匹分くらい食べてるってことです。でも、全く太らない・・・。

うちに来たときすでに、大柄な雄猫の体格に対して3.5kgとかなり痩せていたのですが、最近急に痩せが進んだので病院へ連れて行きました。体重が2.7kgに減っていました。念のために血液検査をしたら、もともと悪かった肝臓の数値はむしろ良くなって、年齢的なことを考えると満点とも言える結果に。つまり、「老衰」とのことでした。

わたしも、年齢的なことを考えて、仮にどこかが悪くても積極的な治療は行わないつもりでいたので、脱水症状を軽減する為に(脱水の状態は苦しいものだそうなので)、輸液をしてもらい、今後はそれだけを行うことに。病院へ行くのもパリにもわたしにも負担が大きいので、家で輸液を行うことにしました。

輸液は見た目は人間のものとほとんど一緒。首のあたりに45度に針を刺します。
一度練習をさせてもらいましたがスムーズにできました。
「Umiさん、上手です。これなら大丈夫。結構、最初は「針なんて刺せない〜」って人多いんですよ」と言われました。言われてみて、そういうものかと。わたしは一切ためらわずにブスッとやっちゃいましたが・・・多分、自分自身、注射を受けることにあまり抵抗がないからそうなんだと思います。また、パリちゃんがとても良い子で、針を刺した途端にガウっと来ないのも信じてるし。他の猫ならこうは行きません。

f0370142_13103774.jpeg

パリちゃんは、歯が悪いわけではないのですが、急にパウチの中でもほとんど流動食と言えるほど液体っぽいものを好むようになりましたが、まだ良く食べ、目にしっかりと光があります。でも体重は1週間でさらに減って2.45kgへ。こうなると、いつ亡くなってもおかしくないんだろうと覚悟はしています。


f0370142_12453277.jpeg

・・・という記事を途中まで書いて、保存したのが先週末だったのですが。
気がついたら、パリちゃん、食欲が戻って、毎食もりもり食べてるじゃないの・・・。
抱っこしようと持ち上げたら、先週はふわりと枯れ木みたいだったパリちゃんに重みが。

え〜、フェ、フェイントですか、パリちゃんっ。
高齢猫用ウェットフードさえも食べられないようだったので、液体状のフードを購入したら気に入り、毎日ウェット5袋、液体5袋、カリカリにチュール数本召し上がっています。結局、前よりさらに食べるようになってるんですけどー。

ボラ仲間さんに「パリちゃんはもう長くないと思います」と言ってしまったので、訂正のメールをしたら、喜びでパニックになっておられました。愛されてるね、パリちゃん。

もしかしたら、急に暑くなったので、夏バテしていたのかなあ?
輸液で脱水症状が緩和されて食欲が戻ったのかなと思いますが。

勝手に「もう長くない」なんて言ってごめんね。

f0370142_13580279.jpeg

f0370142_13581967.jpeg


まだまだやる気充分のパリちゃんなのでした。



[PR]
# by umitoramarine | 2018-07-13 14:07 | ねこばなし | Comments(2)
ご無沙汰してしまいました〜。
前回の記事の検診の後、楽観と悲観の波に交互に襲われてもみくちゃにされていました。笑
楽観のときは、親バカは承知ですが「ハム太は天才!」に見え、悲観のときは「発達障害に違いない」と落ち込み。

天才も発達障害もどちらも「ふつう」ではないわけなんですが。
ふつうってなんだろう。ふつうじゃなくちゃいけないのかな? そんなことはないよね。
親としては、子どもに出来るだけ苦労をさせたくないと思ってしまい、それが「ふつう」であってほしいという望みに繋がるんだけど、それが良いとも限らないしね。人はそれぞれ、親だってあずかり知らぬ、理由やら目的やらを背負って生まれてくるのかもしれないし。

なんであれ「ふつうじゃなかったとしても、生きて笑っててくれたらそれでいい」というところに落ち着きました。

そんな親の紆余曲折の心理はよそに、今日も元気なハム太さん。
「ABCの歌」のメロディを鼻歌で歌っております・・・(やっぱり天才・・・?)


f0370142_22035833.jpeg
さて、本題のアメリカのデザート。
出会いは大学のカフェテリアのサラダバーだと思うのですが、名前がわからない。

一見、フルーツ缶とヨーグルトを和えただけのフルーツサラダに見えるのですが、食べるとなんかシュワっとして、ヨーグルトだけじゃないクリーミーさを感じるのです。帰国して以来一度も食べていなかったのですが、急に懐かしくなって検索して、似たようなレシピを見つけて作ってみました。


f0370142_22052508.jpeg
食べたら、そう、これこれ〜
基本はやっぱりフルーツ缶とヨーグルト(またはサワークリーム)を和えるだけなんだけど、シュワ、の秘密はマシュマロでした。

フルーツカクテル缶 1缶 (シロップをきる)
サワークリーム   1パック
水切りしたプレーンヨーグルト  100g
マシュマロ(1cmくらいの)   50g
お好みで、ココナッツファインか刻んだくるみ

これらをまぜまぜして1晩寝かせるだけ! シュワっと不思議な食感の美味しいデザートになります。
サワークリームなしで全部ヨーグルトでも大丈夫。
わたしなりの工夫なんだけど、ヨーグルトの水切りを前もってやるのってめんどくさいでしょ?
その場合、ドライマンゴーを刻んで混ぜ込むのです。マンゴーは戻ってフルフルになるし、余計な水気を吸ってくれて一石二鳥〜🎶

アメリカで初めて食べたとき「甘!!!」と感じて、好物ってわけじゃなかったのですが、考えてみたら、アメリカでは多分、加糖のヨーグルトで作られていた気がします。そうそう、確か、近くのスーパーに巨大なヨーグルト売り場があったわりに(ありとあらゆるフレーバーの・・・チョコレートヨーグルトとかもあったなあ)、無糖のは売ってなかったんだよなあ。

こちらは、さっぱりした甘みで食べやすく、逆に食べ過ぎが心配なくらいですよ。




[PR]
# by umitoramarine | 2018-06-24 23:27 | ハム太郎のこと | Comments(4)

1歳半検診

ハム太の1歳半検診に行って来ました。
区の保健センターで一斉に行う検診で、同じ1歳半の子達が一斉に会する数少ない機会です。

特に「ママ友」というのもいないし、児童館や子どもの集まるイベントにも滅多に行かず、月齢の近い他の子とハム太を比べる機会があまりなかったので、今日はいろいろと衝撃を受けて帰って来ました。

周りの子達、「え、本当にハム太と同じ1歳半?」ってくらいしっかりしてて……。
女の子なんか髪も長くて結んでて(ハム太は未だに散髪したことないのに!)、親の言うことをきちんと聞いていて、ちゃんと椅子に座ってるし……。先日、ハム太がやっと歩けるようになったと書きましたが、遅いことは遅いけれど、この時期は個人差が大きいから、平均より遅いだけだと思ってたんです。そしたら、何十人いる子どもたちのうち、待合室をハイハイしてるの、本当〜にハム太一人だけだったよ!(まだ歩くのとハイハイ半々なので)

そして、保健師さんとの面談では、小さな積み木を出されて「これ、積める?」って。うちに積み木あるけど、親が積んだ積み木を破壊する遊びしかしたことなく……。前に書いた手作りおもちゃで、容器に物を入れる遊びはしているハム太。出された積み木を、積まずに容器に戻す……そして自画自賛のパチパチ。でもこれは、「積んで見せて?」ってお手本を見せたら、初めてだけど、できたんです。

次に、一枚のパネルに、靴や猫や電車の写真が貼られているものを出され「猫はどれ? 指差して」と訊かれたの。できるわけないんです。だって、指差しなんて教えたことなかったもの。うちに猫は3匹いるけど、「猫」じゃなく「エーちゃんパリちゃん」と名前で呼んでるし。お気に入りの絵本に猫が出てるけど、猫って言葉は出てこないし。猫の写真が載ってる本もあったけど、あれは英語だから「cat」だし。というか本当に、普段の生活の中で、わたし自身何かを指差すってことがほぼないので、ハム太ができるわけないんです。

ということは話したのですが、最後に医師のとの面談があって、全く同じパネルで同じように「犬はどれ? 電車はどれ?」と訊かれ(ハム太の電車はトーマスか安西水丸さんのガタンゴトンだけなのに〜)、「ひとつも出来ないからね〜。2歳の検診の時も出来なかったら、相談しましょう」てなことを言われて。落ち込みました。しかし、今になってちょっと腹が立って来ました。「ひとつもできない」ってだから、やらせたこともないしそんな言葉教えてないって言ってるじゃん!

ハム太の成長がのんびりなのは、お座りもハイハイも歩くのも遅かったので気づいてましたが、親バカなので「でも、頭はいい」って思ってたんです。実際、誰とも比べなければ、日々の成長に驚かされることはたくさんで、その度賢いなあと思ってて。

例えば、最近ハム太は、わたしの家の鍵に執着していて、隙あらば玄関に行き、ベビーカーに登って靴箱の上のキーホルダーを取ってくるし、お出かけの時も鍵を持ちたがるので、ハム太専用のキーホルダーをあげたんです。鍵の形のチャームのついたキーホルダーに、ハム太は大満足。先日、児童館に行ったときもしっかり握っていて、何をするかと思えば、非常ドアの鍵を開けようとしていたり……。えっ、わたしが鍵を使ってドアを開け閉めするところ、ちゃんと見てたんだなとこっちが驚きでした(外出するときはベビーカーに乗ってドアと反対方向を見ていることが多いので)。


f0370142_23172899.jpeg

ハム太はそもそも、何もかもがゆっくりで(お腹の中での成長だって遅かった!)、発語が遅いのなんか当たり前じゃないのと胸を張りたいくらいですが、検診で「要観察」みたいな烙印を押されると、凹みます……。

まあ、普段のわたし達の接し方にも問題があったなと気づくきっかけになったので、悪いことばかりではないですけどね。いつまでも赤ちゃん扱いして、ついつい先回りしてなんでもやってあげていたことや、わざと赤ちゃん言葉(しかも、わたしオリジナルの変な言葉)を使ってしまっていたこととか、しょっちゅう散歩に連れ出すのはいいけれど、その間黙ってベビーカーを押すだけになってしまっていたことなど、色々反省しました。

もっと、児童館なんかへ行って、いろんなことして遊ぼうね。

f0370142_23182501.jpeg

[PR]
# by umitoramarine | 2018-06-07 22:57 | ハム太郎のこと | Comments(2)