人気ブログランキング |

シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
わたしが猫ボランティアをしている地域の歯医者さんへ行ったので、当番ではなかったのですが、オヤツを持って猫達に会いに行きました。そのとき出てきてくれた猫、パリちゃん。白い部分が全くない、本物の黒猫です。

f0370142_10413242.jpg


オヤツの鶏肉を食べたあと、尻尾を立ててわたしの脚に寄り添ってくれました。ちょっとした親愛の情を表す仕草ですが、うれしくて感動。というのも、何年も世話をしてきて、初めてのことだったんです。


f0370142_10413292.jpg


多くの外猫達はそれなりに警戒心が強く、誰にでも触らせるような子はあまりいません。あまりに人なつこいと逆にイタズラされたりと危険なので、警戒心は多少あったほうがいいのです。でも、さすがに、何年も世話をしている人には慣れてほしいなぁと思うことも。パリちゃんはこの地域の猫達の中でダントツに警戒心が強く、一番長く、毎日のようにお世話しているボラさん達にも触らせない子でした。わたしだってもう、何年になるか……。でも、ご飯のお皿を持って近づくたびに「シャーッ!!」と威嚇するような子だったんです。ほんの数ヶ月前まで。

パリちゃんは触らせてくれないうえに、グルーミングも下手なのか、抜け替わった毛の固まりが灰色になっていくつもぶらさがっている始末。さらに、人を避けて隅っこに隠れるせいか、蜘蛛の巣やら落ち葉やらがくっついて、はっきり言って汚い猫でした。「いつかパリちゃんにブラシがかけたい」と思いながら、シャーッと言われるたびに「こわくないよ。大丈夫だよ」と声をかけ続けてきました。

f0370142_10413224.jpg
そんなパリちゃんに変化が訪れたのは、昨年も暮れに近づいた日のことだったでしょうか。いつものように警戒しつつご飯を食べに来たものの、なんだか距離が近い。それで、そーっと背中を触ってみたんです。驚いて離れましたが、遠くまでは逃げず。

ボラさんに聞いたところ、体調を悪くしていたときに捕獲して病院へ連れて行ったとき、(逃げるといけないので)ケージに入れたまま獣医さんが身体検査をしていたのですが、そのうちゴロゴロ…と喉を鳴らす音が聴こえてきて、それ以来、ボラさん達も触れるようになったそうです。優しくしてくれる人に触られるのは気持ちいいって分かったんですね。

それでもやはり、警戒心が氷解する訳ではなくて、初めはご飯を食べている間に触らせてくれるだけだったのが、この日初めて自分から寄り添ってくれたのです。パリちゃんの背中は、前とは見違えるほどつやつや。ブラシや撫でられるのを受け入れるようになったからというのもありますが、一部の人に心を開いて触らせるようになったこと、リラックスできるようになったことがパリちゃんを健康にして、それが毛艶に出てきたのではないかという気がします。パリちゃん、よかった! 

ちょっとスピリチュアル的な話になるのですが、「人間に愛された動物は魂の位が上がっていつか人に生まれ変わることができる」と聞いたことがあります。本当かどうか、そもそも生まれ変わりなんてあるのかどうかわかりません。それに、人間に生まれることが動物に生まれるよりも良いことなのかわからない。ときどき、こっちが猫になりたいくらいだもの(笑)。でも、人に愛されて、愛することを知った動物ってちょっと幸せなんじゃないかと思います。全くの野生動物はそれはそれで素敵だけど、ここの猫達はせっかくお世話しているので、誰かが大切に想っていることを知ってくれるとうれしいのです。


猫になったハム太の絵を描きました。似てる!(自画自賛)

f0370142_10413398.jpg




# by umitoramarine | 2017-02-02 10:36 | ねこばなし | Comments(0)
子どもの頃から、日々ご飯を食べるように、本を読んで来ました。
と言っても、高尚な文学に通じているわけでもなく乱読なのですが、読了した延べ冊数ならきっと、そんじょそこらの人には負けないのじゃないかなぁ。読むのも速いため、買うのでは追いつかず、図書館通いはずっと習慣のひとつでした。

そんな習慣も、ハム太が生まれて暫くお休みか……と思ったものの、どうしても本を読まずにいられず、図書館通いも止められなくて、わずかな隙を見て読書をしています。これまで、ベッドに入ってから眠りに落ちるまでは読書の時間だったけれど、今は隣にハム太がいるので灯りをつけられなくて、ブックライトを買いました。

ネットで買った1200円ほどのブックライトは、明る過ぎ、照らす範囲が広過ぎて駄目で、次に手に入れたのは100均のコレ。それでも明るいので、ガムテープを貼付けて、やっとちょうどいい明るさになりました。灯りが漏れないように角度を調整すると、本がめくり辛いという難点はあるけれど、それでもハム太に添い寝しながら本が読めて助かっています。

f0370142_15343730.jpg


そして、最近図書館で借りて読んだ本がこちら。

f0370142_06285749.jpg
決して、ゴリラの子育てを参考にしようと思った訳ではないのですが(笑)、やっぱり今この時期だから、他の動物の子育てにも興味が湧いてなんとなく手に取ったんです。

わたしは、動物が好きと言いながら、これまで猿類にはあまりにはあまり興味が無かったのです。
この本を読んで知ったのは、ニホンザルなどのいわゆるサル(monkey)とゴリラなど類人猿(ape)の違い。
猿類って赤ちゃんをくっつけたまま飛んだり走ったりしているイメージですが、それが出来るのはmonkeyのほうだけ。apeの赤ちゃんはmonkeyに比べると握力が弱く、お母さんにくっついていられるのもせいぜい2〜3分なんだそう。なので、みんな赤ちゃんを抱っこして歩くし、抱っこしてあげないと赤ちゃんゴリラはお母さんのおっぱいに届かないし、飲めないそうです。

そんなゴリラのうちの一頭が、出産したものの赤ちゃんを抱かずに床に放置している。観察日記はそこから始まります。そしたら、お母さんゴリラのお母さん(つまりおばあちゃん)が赤ちゃんを抱き上げ、お母さんに「ちゃんと抱きなさい」というように渡した……これって、野生では見られないことなんだそうです。お母さんは渡された赤ちゃんを抱っこしたけれど、やはりおばあちゃんに「抱っこしておいて」と渡したり、また返されたり。そんなふうに育てられた赤ちゃんゴリラがどう成長していくか……。気になってページを繰る手が止まらずでした。monkeyの子育てや、ヒトの心理学も引用しつつゴリラの子育ての考察がされているのですが、ゴリラって思っていた以上に人間に近いようで、でも人間よりずっと寛容な面もあって……いつの間にか、ゴリラを見習いたい気持ちにもなっていました(笑)。

この著者の方は、動物行動学ではなくて、人間科学研究科の教授なのですね。なので、人間の心理を研究する一環として、ヒトに近い霊長類の観察をされているのかと思います。動物好きはもちろん、心理学好きや子育てに熱心な方も面白く読める本だと思います。

これまで、4つ足動物が一番好きでしたけど、次に動物園に行ったら猿や類人猿に注目したくなりましたよー。




# by umitoramarine | 2017-01-30 06:24 | 本のこと | Comments(2)

おうち と おそと

はじめは全く聴き分けられなかったハム太の泣き声ですが、最近は、どうして泣いているのか、なんとなく分かるようになってきました。

お腹が空いたとき、抱っこしてほしいとき、眠いとき。あまり繊細じゃないのか、オムツの汚れでは泣きません。

「ママ」を求めて泣いているとき。
そして、怒って泣いているとき。
夜、添い寝して寝かしつけをして、そーっとベッドから抜け出すと、たいてい15分くらいで起きちゃうのですが、そのときの泣き方は「隣にいるって言ったのに、裏切られた!!」という怒りに満ちています。

正直なところ、産む前は赤ちゃんの声ってうるさいだけだと思っていたし、イライラしちゃうだろうと思っていたのですが、一生懸命なにかを伝えようとしていると思うと、爆音の泣き声も可愛くかんじます。

さて、昨日のこと、いつものお散歩コースに飽きたので、近くのデパートまでベビーカーを押して行ってみました。今まで気づかなかったけど、デパートって、たいていちゃんと授乳室などがあって、子連れには安心の場所ですね。ちょっと買い物をして、オムツを替えるためにベビールームへ行ったら、アンパンマンの歌が流れていて、壁紙がカラフルだったせいか、ハム太はニコニコ。大人にはなんてことないことだけど、赤ちゃんはうれしいんだなぁ。

そこでの出来事。オムツ専用のゴミ箱が、オムツを乗せてボタンを押すとビニールでラップしてくれるというハイテク仕様で、その説明書を読むのにほんの10秒ほどハム太の視界から消えたのです。戻ってくると、さっきまでニコニコだったハムちゃんは泣き顔に! どうやら、「知らないところに置いていかれた」恐怖だったようで、ゴメンゴメンと声をかけるとすぐに泣き止みました。

そこで思ったのが、ハム太にはすでに「おうち」と「おそと」という概念が出来ているのではないかということ。外にいるほうが機嫌がいいので、寒すぎない日は出来るだけ散歩に出ているのですが、そうしているうちに、家がいつもいる場所=安心な場所であり、外は知らない場所=パパやママと離れるとこわい場所になったのかもしれません。病院にいた頃はどこに置かれていようが平気で寝ていたのに、ハム太の世界が広がると同時に感覚や感情も発達していっているのですね。

売り切れ続出と話題のスタバプリンを食べました。

f0370142_00124241.jpg


しっかり固めのプリン。
美味しかったです♪

f0370142_00124349.jpg

















# by umitoramarine | 2017-01-22 23:55 | ハム太郎のこと | Comments(0)

黒坂麻衣さんの個展

イラストレーターで画家の黒坂麻衣さんの個展を観に行きました。

と言っても、前からファンだったわけではなく、SNSで誰かがシェアしてくれた個展の告知に掲載されていた絵がとても気になって観に行ったのです。

小さめの絵が20点ほどの展示でしたが、色遣いやタッチがとても好み。
日が暮れて明るさが消える前のほんのわずかな時間や、いい天気だったのに太陽が雲に隠れてしまった短い間の空の色みたいな一瞬を表現される方だなと思います。わたしもこんな絵が描けたらいいなぁ。



f0370142_01091582.jpg

f0370142_01091542.jpg
もっとたくさん素敵な絵があったのに、写真撮るの忘れたー。残念!
気になった方はHPを訪れてみてください。
黒坂麻衣さんウェブサイト: https://maibou8.jimdo.com/

ギャラリーのディレクターさんとお話していたら、作家さんご本人もいらっしゃいました。絵の雰囲気そのまま、繊細で儚げとも言えるくらいなのに、どこか強さを感じさせるきれいな方でしたよー。気がついたら1時間半も居座っておしゃべりしてしまった……。

ギャラリーを出たあとはCOREDO室町で一人ランチ。
家では絶対食べられない、揚げたてカキフライを食べました。
なのに……ハム太はいないのに、なんだか焦っちゃって、ゆっくり食べられないの。
すっかり早食いの癖がついてしまいました……(元々食べるのが遅いので、ちょうどいいくらいかもしれませんが。)


f0370142_01091518.jpg

そして、COREDO室町の隣にあった雰囲気のよい神社にお参り。思えばこれが初詣だな〜。
福徳神社さん、またの名を芽吹稲荷さんとも言うそうです。すごく縁起がよさそう。
建物は新しいけれど、800年代後半からある由緒ある神社みたいです。
おみくじ引いたら、大吉でした♪


f0370142_01091683.jpg
f0370142_01091688.jpg

その後は、早足で日本橋から有楽町まで歩き(運動代わり)、帰途に着きました。
ハム太が泣き止まなくなってないかと慌てて帰ったら、落ち着いて寝ていたとのこと。ほ。

久しぶりに夫以外の人と長く話したせいか今でも余韻が……笑
素敵な絵を観て、人との出会いもあって、とても楽しい一日でした。




# by umitoramarine | 2017-01-22 01:08 | アート | Comments(2)

予防接種はじまる。

ハム太、2ヶ月になって予防接種が始まりました。

今月は必須のB型肝炎、ヒブ、肺炎球菌と、任意接種のロタの4本。はじめは、病気の子と接触しないよう産まれた産院で接種しようと思ったのですが、居住区外なのでせっかくのロタの助成が使えない…。ならば近所の小児科で全部済ませようと思ったら、そこは一度に2本しか射たない方針で…。不活化ワクチンなら1週間、生ワクチンなら4週間の間隔を空けなくてはならないルールもあるので、頭がこんがらがりそうです。結局、ロタ以外を産院で、ロタのみ小児科で射つことにして、まずは産院へ行ってきました。


f0370142_14275346.jpg



覚えている限りだけど、わたしは注射などで泣いたことがない。でも夫は、よい齢して注射と聞いただけで顔が白くなるタイプ。ハム太はどっち似なんだろう〜。けっこう泣くかな?とドキドキでしたが、1本目では顔を真っ赤にして声をあげたものの涙は出ずすぐに泣き止み、2本目3本目は泣きませんでした。強かった!

赤ちゃんだからまだ恐怖心もないんでしょうね。知恵がついたらどうなるかわからないけど、注射がこわいのって実際の痛みより恐怖心だと思うから、今後もあまり怖がらないといいなぁ。

そして、これから毎月のように続く予防接種。友達に教えてもらったスマホアプリで管理することにしました。しっかりスケジュールしなきゃ〜。


f0370142_14275319.jpg


最近、ホットチョコレートにハマってます。
チョコはビターよりミルクが好きなので、持て余していたカカオ分の多いのを刻んでミルクに入れてあっため、ラム酒をちょろっと。おーいしーい♪



# by umitoramarine | 2017-01-19 13:59 | ハム太郎のこと | Comments(2)