シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:フルーツサラダ ( 1 ) タグの人気記事

ご無沙汰してしまいました〜。
前回の記事の検診の後、楽観と悲観の波に交互に襲われてもみくちゃにされていました。笑
楽観のときは、親バカは承知ですが「ハム太は天才!」に見え、悲観のときは「発達障害に違いない」と落ち込み。

天才も発達障害もどちらも「ふつう」ではないわけなんですが。
ふつうってなんだろう。ふつうじゃなくちゃいけないのかな? そんなことはないよね。
親としては、子どもに出来るだけ苦労をさせたくないと思ってしまい、それが「ふつう」であってほしいという望みに繋がるんだけど、それが良いとも限らないしね。人はそれぞれ、親だってあずかり知らぬ、理由やら目的やらを背負って生まれてくるのかもしれないし。

なんであれ「ふつうじゃなかったとしても、生きて笑っててくれたらそれでいい」というところに落ち着きました。

そんな親の紆余曲折の心理はよそに、今日も元気なハム太さん。
「ABCの歌」のメロディを鼻歌で歌っております・・・(やっぱり天才・・・?)


f0370142_22035833.jpeg
さて、本題のアメリカのデザート。
出会いは大学のカフェテリアのサラダバーだと思うのですが、名前がわからない。

一見、フルーツ缶とヨーグルトを和えただけのフルーツサラダに見えるのですが、食べるとなんかシュワっとして、ヨーグルトだけじゃないクリーミーさを感じるのです。帰国して以来一度も食べていなかったのですが、急に懐かしくなって検索して、似たようなレシピを見つけて作ってみました。


f0370142_22052508.jpeg
食べたら、そう、これこれ〜
基本はやっぱりフルーツ缶とヨーグルト(またはサワークリーム)を和えるだけなんだけど、シュワ、の秘密はマシュマロでした。

フルーツカクテル缶 1缶 (シロップをきる)
サワークリーム   1パック
水切りしたプレーンヨーグルト  100g
マシュマロ(1cmくらいの)   50g
お好みで、ココナッツファインか刻んだくるみ

これらをまぜまぜして1晩寝かせるだけ! シュワっと不思議な食感の美味しいデザートになります。
サワークリームなしで全部ヨーグルトでも大丈夫。
わたしなりの工夫なんだけど、ヨーグルトの水切りを前もってやるのってめんどくさいでしょ?
その場合、ドライマンゴーを刻んで混ぜ込むのです。マンゴーは戻ってフルフルになるし、余計な水気を吸ってくれて一石二鳥〜🎶

アメリカで初めて食べたとき「甘!!!」と感じて、好物ってわけじゃなかったのですが、考えてみたら、アメリカでは多分、加糖のヨーグルトで作られていた気がします。そうそう、確か、近くのスーパーに巨大なヨーグルト売り場があったわりに(ありとあらゆるフレーバーの・・・チョコレートヨーグルトとかもあったなあ)、無糖のは売ってなかったんだよなあ。

こちらは、さっぱりした甘みで食べやすく、逆に食べ過ぎが心配なくらいですよ。




[PR]
by umitoramarine | 2018-06-24 23:27 | ハム太郎のこと | Comments(4)