シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
まだ2019年が始まって1ヶ月も経っていないんだけど、使うたびに「買って良かったー」と思うモノがあるので紹介します。

一つ目は、マキタのハンディクリーナー、CL182FDZWです。


f0370142_23131006.jpeg
先代の掃除機はエルゴスリーというキャニスター式のやつでした。
今見たら、生産終了してるね。
これは、吸引力が強いのに音が静かで排気がきれいというのが売りでしたが、とにかく重かったの。そして持ちにくかった。
ノズルのところにペットの毛などを搦めとる電動ブラシがついてたんだけど、うちの猫の綿のように細くてコシのない長い毛がブラシに絡みついて動作できなくなり、あっという間に壊れました。なので、ブラシを外して使ってました。

で、マキタに変えたら、軽いし、コンセントを挿す手間もいらないし、掃除が好きになりました。
物置から重い掃除機を出す、とか、コンセントを挿し直す、とか、ほんのちょっとした手間が減るだけでこんなに楽になるのね〜。
そして、悪趣味だと思うのですが、わたしの楽しみは掃除の後でパックに溜まったゴミを捨てるところなの。
この掃除機は、紙パックと、繰り返し使える布パックがついていて、わたしは布パックを使っているんですが、小さいので掃除の度に中身を捨てることにしているんです。そしたら、毎回「うわーこんなに!?」ってなる・・・。それが楽しくて・・・。
ゴミと言っても、目に見える髪の毛やら食べかすやらはわずかで、集まらないと目に見えないような粉みたいな埃が主。それが、毎日掃除機かけているのに毎日まとまった量取れるんです。うちがほとんどカーペットだからなのかなぁ・・・。毎日毎日、モンゴメリの小説の中にあった「人は誰でも一生に1トンもの埃を食べるんですってよ」っていう、筋に関係ない台詞を思い出します。あれって本当なのかもなあと、ゴミを捨てる度に実感します。

あ、でも、マキタを使ってわかったのは、エレクトラロックスは確かに音は静かだったんだなあってことでした。さすがに、赤ちゃんが起きないほど静かだとは思わなかった(から、わたしはハム太が寝ている時に掃除機をかけたことはありません)けど、マキタよく吠える犬くらいだとしたら、エレクトラロックスは猫の鳴き声くらいでした。


さて、買って良かったもう一つのものは、浅草アートブラシの2way 洋服ブラシです。
f0370142_23101949.jpeg
見ての通り、洋服ブラシと毛玉取りが一体になってるの。
「毎日洗わない洋服(コートやセーターなど)を着たら、ブラシをかけて仕舞うと長持ちする」っていうのは、知識としては知っていました。でも、本当にそんなに変わるのかなぁ〜?って気持ちがあって、ブラシを買う気になれなかった。このブラシ、6000円ほどするんですけど、若い頃ってこういうメンテナンス用品にまとまったお金を払うのが勿体無いっていう気持ちがあったように思います。それくらいなら、新しいセーターが1枚買える、みたいな。

でも今は、そんなにポンポンと新しい服が欲しいとも思わなくなったし、むしろ良いメンテナンス用具を手に入れて、あるものを大事にしたいな〜と思うようになった。年を重ねたんだな、と自分でも思います。

ブラシは、使ってみたら本当に良くてね。
このセーター、左が使用前で右が使用後。すごい違いじゃないですか?

f0370142_23100127.jpeg
そう、以前は、セーターってあんまり手が伸びなかったの。
なぜかというと、一度着た後どうしたらいいかわからなくて。綿のカットソーみたいに毎回洗濯機に放り込むわけにもいかないし、でも、一度着てよれっとしたのをクローゼットに戻すのもいやで、なんとなく畳んでカゴに仕舞って、もう着る気になれなくて・・・そうなるとわかっているからいっそ着ない、タンスの肥やしでした。
でも、ブラシを買ってから、着た後はしばらくハンガーで休ませて、それからブラシをかけて綺麗にしてクローゼットに戻して、また気持ちよく着られるようになったよ。おかげで、今年の冬はセーターが大活躍しています。


若い頃は、初売りセールで服やら靴やら買い込むのが楽しかったけど、今はそんなに欲しいと思えるものもなくて。
でも掃除機やブラシでも、これってものに出会えると嬉しいですね。

by umitoramarine | 2019-01-24 00:04 | つぶやき | Comments(4)
ちょっと不思議な体験をして、夢かもしれないんだけれど、気になるので書いておきます。

昨夜、夜半にふと目が覚めた。ハム太が今でも何度も起きてミルクを飲むので、夜中に起きるのは普通のことなんだけど、そのときは自分の右手に大きくてごつい手が重なったので起きたのだ。薄眼を開けると、右側に夫が寝ているのが見えて、彼はベッドルームで一人で寝ているはずなので、トイレに立ってからわたしとハム太が寝ている布団に潜り込んできたのかな、と思いながらわたしは反対側に寝返りをうった。

寝返りをうつ一瞬の間に、たくさんのことが頭をよぎった。

まず、夫は寂しがりやで本当は3人で一緒に寝たいと言っている(でもイビキがうるさいのでわたしがご遠慮している)し、普段からわたしとハム太が起きていれば布団に入ってくることがあるけど(でも最後には追い出される)、こんな夜半にそっと来るなんて変だな、ということ。

そして、わたしは眠りが浅いので、夫がトイレに立ったり潜り込んで来たらその時点で目が覚めるはずなのに、手を置かれるまで気づかないなんて変だな、ということ。

それにしても、ただでさえ貴重な眠りを、手を触ったりして邪魔しないでほしいな。朝になったら文句を言おう、ということ。

というか、夫がこっちで寝ているんなら、わたしが広いベッドに移動して手足を伸ばして寝たいなぁ、ということ。

それから、ハム太はわたしの右側に寝ているので、現在は川の字のはずなんだけど、どうやって夫はわたしの手の上の自分の手を重ねたんだ? ハム太はよっぽど下に転がっているのか?ということ。

一瞬でそれだけ考えて「・・・生き霊? なんちゃって」と思った直後にまた眠っていた。

朝目が覚めて、隣を見たら、夫はいなかった。
夫という人は、わたしより先に起きることは99%なくて、残りの1%はわたしの体調が悪くて起きられないときに限る。それに、夫が布団を出て行ってわたしが気づかないわけがないのでやっぱり変だと思い、夫が起きてから「昨日の夜、私達の布団に来て寝てた?」と尋ねたら「行かないよ! 気持ち悪いこと言わないでよ!」と怒られた。

じゃあ夢かも、ということにしたんだけど、あの手の感触(どう考えても、すべっこくて柔らかいハム太の体のどこかだったということはありえなく、ゴツゴツした男の手だった。温かい手だったのも覚えてる。)はすごくリアルで今も右手が覚えてるほどだし、寝返りをうちながらいろいろ考えたのも夢じゃないと思う。ただ、薄眼を開けたとき見たものは、夫しかいないと思ったから夫に見えただけで、はっきりと顔を見たわけじゃない。ただ、夫と同じ白いTシャツを着ていて、顔も白かった(夫は色白)。

うーむ、なんだったんだろう。これだけ書いておいて、特にオチはないんだけれど(笑)。
でも手の感触は嫌な感じしなかったし、怖いものじゃないと思う。というか、よく見てはいなかったけど、やっぱり夫だった気がするな〜。実体じゃなく生き霊という意味ですが。そんなに一緒に寝たいのかなあ。ははは。


お話変わって、ギモーブ(?)を作りました。
冷蔵庫に余っていたリンゴンベリーのジャムを使って、ほんのりピンク色。
(?)がついちゃうのは、卵白を使ってしまったせい。
わたしは最近まで、ギモーブとはマシュマロのフランス語だと思っていたのだけれど、正確にいうとマシュマロとギモーブは違うものらしいです。卵白を使うのがマシュマロで、ゼラチンを泡だてて使うのがギモーブ。
でも、市販されているマシュマロには卵白を使っていないものが多いし、やはり曖昧なのかも。

わたしは、ちょうど余った卵白があったので、それを使って作ってしまったの。
でも、シュワトロ〜と、目指していた食感には仕上がりましたよ。
ただ、疑問なのは、泡だてた卵白をゼラチンで固めただけだから、卵白は生だよね? そうすると、冷蔵庫に入れて早めに食べきらないとダメだよね? 

f0370142_21441748.jpeg

出来上がりの写真がないんだけど、一口大に切ってコーンスターチをまぶしました。
そしたら、なんだかコーンスターチの味が気になっちゃうの。
お店のを食べた時はそんなことなかったんだけどなぁ。。。

また今度、次回は卵白なしのレシピで作ってみようと思います。



by umitoramarine | 2019-01-11 22:21 | つぶやき | Comments(2)

メリークリスマス!

みなさん、メリークリスマス!

12月に入って、書きたいことをちょこちょこ書こうとしては書き終わらないうちに、もうクリスマスになってしまいました〜。

クリスマスのディナーは、今年もAfricaさんちの赤ワイン煮込みを。
去年、マッシュポテトを作るのに難儀したので、今年は手抜きバージョンで、茹でたジャガイモに牛乳とバターを放り込み、ハンドブレンダーでガーッとやる方法を取ってみた。とっても手軽にできたけど、やっぱり粘りが出てねっとりしたマッシュポテトに・・・。夫はなめらかですきだと言っていたけど、わたしはもっとほっくりしつつなめらか、と言うのがすき。

肝心の赤ワイン煮込みはとっても美味しくできました〜。
お肉は、牛スネ肉とタンを半々くらい。
ル・クルーゼでお肉を焼いてから、そこににんにくを加えてそのまま煮込みました。
醤油は大さじ1、はちみつは大さじ1/2に。
朝からコトコト1時間弱煮込んで、お昼はランチに出かけたので、夕方からまたコトコト。
材料はシンプルなのに、とても奥深い味わいに出来上がりました。
お肉をあまり食べないハム太も、パチパチ拍手して食べてくれました。
これはもう、クリスマスの定番料理に決定です。


f0370142_22384895.jpeg
食後はケーキ。
クリスマスケーキを予約するのを忘れちゃって、別にいらないかなとも思ったんだけど、ショートケーキを買ってみました。久しぶりのケーキ、美味しかった〜。紅茶は夫に淹れてもらいました。時々、自分で大雑把に淹れた紅茶をマグカップでぐびぐび飲んでるけど、丁寧に淹れて綺麗なティーカップに楚々いた紅茶って美味しい・・・。
ハム太は甘いものをあまり好まないので(お誕生日のケーキさえ食べなかった)、ケーキ無しでした。


f0370142_22390487.jpeg
去年は確か、夕方に、初詣の神社みたいに混む隣の駅までケーキを取りに行って、ハム太をなだめつつお芋を漉して、食べる頃にはヘトヘトだったんだっけ。今年はハム太も少し成長したし、マッシュポテトは手抜きだったけど、そのぶん前よりもゆっくりクリスマスを楽しめました。

でもちょっぴり、思ったのは・・・
義両親を、ディナーに招待したらよかったかなぁ、と言うこと。
実は、いつもは海外に住んでいる義父が、こちらに来ているんですね。なので、今日のランチは一緒に食べたんですけど・・・正直なところ、家族3人でゆっくりしたい気持ちもあって、ランチを一緒にしたので十分かなと思ったけれど、普段お世話になっているのにお返しできることってあんまりなくて、こう言う機会に招待したらよかったのかなと、あとで思ったのでした。でもねー、義両親って舌の肥えた人たちだし、二人とも料理が上手だから、そう言う人たちにご馳走するのは勇気がいる。ので、今まで一度もご飯作ってあげたことないんです。。。本当は、そんなの気にせず、完璧じゃなくても招待しただけで喜んでくれるだろうとは思うんだけど。まあでも、招待してたら、わたしはきっと自分の作ったご飯の味わからなかっただろうなぁ。笑 

いつか、あまり深く考えず、招待できるようになれたらなあと思います。


話は変わって、不思議な写真が撮れました。



f0370142_22392198.jpeg
今日の夕ご飯の後、窓の外を見たら大きな月が登ってるところで。
「写真で撮ると小さいんだよね」なんて言いながらガラス越し撮ってみたのがこれ。
下の方ガラスに反射した家の中の様子が写っていて、下側の大きな光は電球です。
真ん中の光が月なんだけど、そこだけが不思議に、とろりととろけるように部屋の風景と重なっている。
どうしてこうなったんだろう。
クリスマスの魔法、かなぁ?

それでは、年末まで更新しなかった時のために、みなさまどうぞ良いお年をお迎え下さい。




by umitoramarine | 2018-12-24 23:30 | おうちごはん | Comments(4)

水族館は宇宙

今日、2時間くらい自由になる時間があって、何をしたいか考えていたらふと「海が見たいな」って思った。
名前にしているくらいだからね、海が好き。だけどもう長いこと見ていないかも。

家から2時間で行って帰って(ついでに夕飯の買い出しもして)来られる海は思い浮かばなかったけど、そういえば家からそう遠くないところに、水族館があるのを思い出した。そこは、元職場の近くでもあって、夜まで開いているので、仕事帰りに水族館なんてこともやろうと思えばできたんだけど、何年も通いながら結局一度もそんなことはしなかった。水族館の近くに住んで気が向いたら毎日でも寄れる環境だったらいいなあと、子どもの頃、夢見ていたけど、実際に手が届くようになったら結局、仕事が終わったらさっさと家に帰りたくなってた(あるいは、飲みに行くとか)。今年の夏、外で遊ぶにはあんまり暑すぎたので、息子を連れて行くために、初めてパスポートを作った。正規料金2回分でパスポートが作れるのだから安いものだけど、夏休みは混むので、結局あれ以来行ってない。

なので今日、息子抜きで、海の代わりに水族館へ行ってきた。息子の機嫌を取りながらじゃなくて、イルカのショーをゆっくり見たかったのです。イルカは大好きなんだけど、こうして狭い水槽に閉じ込められショーをさせられているのには複雑な気持ちになる。でも、イルカが天井近くまで跳ねたり、爽快なスピードで泳ぐのを見ると嬉しくなってしまうし、ショーが二度と見られないとしたら残念に思うと思う。イルカを始め、人間を楽しませてくれる動物たちには本当に感謝しないとね。

f0370142_23364615.jpeg


イルカショーを見終わった後、少し残って、自由に泳ぐイルカたちを眺めていたら、目の前を首も座っていない赤ちゃんを抱いた女性が通り過ぎた。まだ新生児くらいの子の首を支えて、イルカを見せている。と思ったら、その子から透明な管が伸びていて、それは隣に寄り添う男性の持った大きなバッグにつながっていた。たぶん、酸素ボンベだと思う。もしかしたら、この子はあまりこの世での時間を持っていなくて、だから本当はもう少し大きくなったらしたかったことをしているのかな……と思った。赤ちゃんを抱いたご夫婦は本当に嬉しそうで楽しそうで、そんな3人の記念写真を、連れの人が撮ってあげていた。わたしの思い違いだといい、あの笑顔はずっと中まで笑顔だといい、と思いながら、その場を後にした。

f0370142_23370758.jpeg



水族館に来ると、いつも、中学生の頃読んだ漫画のセリフを思い出す。
「水族館は宇宙」。
イルカが大好きで人とのコミュニケーションが少し苦手な男の子と、その子を好きになってしまった女の子のお話でした。


f0370142_23372438.jpeg
うん、水族館は宇宙だね。

by umitoramarine | 2018-09-20 00:30 | つぶやき | Comments(0)
ハム太がすっかり平熱に戻りました。
まだ咳、鼻水はありますが、食事量も徐々に増えて一安心。
しかし、熱が下がった途端にいつもと同じ遊びをしたくなるのはさすが子どもと言いたいのですが、病み上がりのふらふらの手足でつかまり立ちをするので、ますます目が離せません。

高熱のハム太を抱いたまま、1日23時間くらいベッドで過ごした数日間、わたしは録りためて観る時間のなかったTV番組を片っ端から観ていました。今思えば、あれ、楽だったな……なんて。もちろん、息子が全快した今だから言えることですが。笑

親二人は、インフルエンザにはかからなかったのですが、やはりそれなりに風邪の症状が出ています。特に夫。夫は一人でゆっくり寝ていたのになんで・・・と言いたいけどしょうがない。

体をあっためるために、香味野菜の効いたチキンのスープを作りました。
これは先日、地下鉄のフリーペーパーで見た「ベトナム風水炊き」をわたしなりにスープにアレンジしたものです。

甘酒が入るというのでどんな味になるのかワクワク作ってみました。


f0370142_23434591.jpeg


材料 4〜5人分ほど

(A)
水   800ml
甘酒  200ml
日本酒 200ml
生姜スライス  4〜5枚
香草の根っこ  1〜2株
骨つき鶏肉ぶつ切り  500g
塩          小さじ1と1/2

(B)
一口大の鶏モモか胸肉お好みで  1枚ぶん
香草              1株
芹               1株
クレソン            2株
葱               1本
豆腐              1丁

レモンかライム         1個
胡椒


まずAの材料を全て鍋に入れ、アクをすくいながら弱めの中火で20分ほどコトコト煮ます。
その後、Bの材料(野菜は3センチくらいの幅に切って。豆腐は大きめの一口大に。)を入れて、鶏肉が煮えたら出来上がり。
器によそって、黒胡椒をひいてレモンを絞って食べます。

ポイントは、出汁を入れないので、鶏肉の半分は骨つきにすることと、最後にレモンかライムを絞ること。これで味が全然違います。甘酒の甘みがスープの深みになって、レモンと香味野菜が爽やかで美味しいですよ。

風邪と言ってもひどい鼻づまりとかなんだけど、大人になってから風邪ひいてもいいこと一つもないな〜って、よく思ってたんですけど、小さい子どもがいて風邪をひく、ってもう苦行でしかないです。

自分のために、健康管理をしっかりしようと改めて思ったのでした。


by umitoramarine | 2018-02-01 23:01 | おうちごはん | Comments(2)

息子のインフルエンザ

1歳2ヶ月になる息子は、これまで鼻風邪くらいはひいても高熱を出すということがありませんでした。
先週、昼も夜も食欲がなく、また風邪かなと思っていたら、夜中にびっくりするほど身体中が熱くなっていて、次の日、受診したらインフルエンザB型と診断されました。
いつかは高熱で慌てる日が来るんだろうなと覚悟していましたが、インフルエンザとは。

それでも、初めの方は、熱にも関わらず元気はあり、いつものようにハイハイしたり遊んだりしていたのです。
それが、2日目の夜あたりから様子が変わり、熱がますます高くなり、寝苦しそうで眠ることもできなくなりました。解熱剤を使っても下がってせいぜい38度台。食欲がずっとなくお茶やイオン飲料も飲みたがらず母乳だけだったのが、母乳も「ちがう」とワンワン泣いたりして、わたしも眠れぬ夜を過ごしました。とても辛そうで、かと言って救急に連れて行くほどでもなさそうで……。でも自分の判断が間違っていたらどうしようと考え始めると、怖くて。日曜日の朝、小児救急電話相談(#8000)に電話したりしました。対応してくださった方が、落ち着いた声で「とにかく水分だけはしっかり取らせて。あとは高熱の時は離れないでそばにいてあげてください」と言ってくださり、側にいても何もできず無力感を感じていましたが、ちょっと気持ちが落ち着きました。

高熱が出て5日め。週が明けて、今朝の体温は38度。
病院に電話して、再度診てもらうことになりましたが、それまで休ませているうちにやっとやっと、熱が下がってきました。
ベッドから見えるテレビに大好きなトーマスを流してあげたら、久しぶりの笑顔。
まだ食欲はないけれど、夜までに微熱と言えるほどに熱も下がり、ホッと胸をなで下ろしています。

体調が悪くて不安なのか、ハム太が片時も離れようとしないので、わたしもここ数日ベッドに寝たきり状態でした。
元々、睡眠不足と疲労が溜まり体調が万全とは言えない状態だったので、ハム太の咳と鼻水まみれになって、わたしもインフルエンザにかかる可能性は大・・・でしたが、わたしが倒れたら本当に困ってしまうので、夫に頼んで買ってきてもらったこちら。

ばんらん茶とばんらんのど飴です。
最近、ツイッターで知ったこの「ばんらん」、風邪とインフルエンザの予防に効くのですって。
ちょうど、ハム太がインフルエンザにかかる少し前に、取り扱い薬局で、飴の小袋とばんらん茶3日ぶんを試しに買って、どちらも続けやすい味(特に飴はレモン味で美味しいです。お茶はちょっと、温泉みたいな香りがするけど、それほど飲みにくくもありません)だと確認していたので、夫に大袋を買ってきてもらったのでした。


f0370142_22502612.jpeg

これ、回し者じゃないですけどおすすめ。朝晩、ばんらん茶を飲み、飴を口に入れていたせいか、さすがに疲れてはいるけれど、インフルエンザには今のところかかっていません。でもまだ油断せず、あと数日は続けます〜。


f0370142_22494483.jpeg
そして今回、ハム太が苦しくてわーんと泣くたびに、夜中でも自分のベッドから出て駆けつけ、ハム太の隣に寄り添おうとしてくれた猫。苦しんでる息子を前に、自分も無力だなと思いましたが、何の役にも立たなくても毎回寄り添おうとしてくれたのがわたしにもとても嬉しかったな(ハム太は来てくれたことにも気づいてませんが)。ありがとう、猫よ!







by umitoramarine | 2018-01-29 23:32 | ハム太郎のこと | Comments(2)

絵本の修理

生後3ヶ月から絵本の読み聞かせをしているせいか、単にわたしに似ているのか、ハム太は本が大好きです。
以前は、わたしたちが読んであげるだけだったのが、1歳になったくらいから、読んでほしい本をほいと渡してくるようになりました。

読むのを聞いているだけならいいのですが、「めくる」ことに興味を持つようになり、一人で遊ばせておくと本をめくっています。でも、まだまだ力加減ができないし、そもそも「壊れる」という概念がないので、ハム太が触るようになってから絵本が曲がったり破れたり、ボロボロになってきてしまいました。わたしにとって、本は宝物。元々、ハム太のためのものではなくて、自分の持ち物だったのを読ませているのもあり、「ぎゃーやめて〜」と叫びたいくらいですが、せっかく楽しんで本をめくっているを邪魔したくないので、グッと堪えています。

中でも、一番、損傷が激しいのが、「はらぺこあおむし」の飛び出す絵本。友達がハム太へプレゼントしてくれたものです。
「はらぺこあおむし」は一番初めに読み聞かせた本でもあるし、やっぱり言葉のリズムや絵に惹かれるんでしょうね。大好きなのです。大好きなのだけど、飛び出してるから掴んじゃって、飛び出ている部分に破れが。特に、最後のチョウチョのページなんか、全部引っ張られて蝶がいなくなってしまいました。なので、今は「蝶になりました」じゃなく「蝶になって飛んで行ってしまいました」と言っています(笑)。

しかし、真っ白のページはなんだかかわいそうなので、わたしが絵を描くことにしました。
オリジナルと全く同じではないけれど、違和感がない程度に・・・。
なんか、羽が3枚ずつになっちゃったけど・・・まあいいか。
久しぶりに絵の具を使えて楽しかったです。


f0370142_22401127.jpeg
絵本を補修するための専用テープというのがあるらしく、ネットで注文しました。
届いたら、他のページもきれいに直してあげよう!





by umitoramarine | 2018-01-23 22:58 | ハム太郎のこと | Comments(2)

久方ぶりの大雪

昨日、整体に行ったのです。
丁寧に2時間半くらいもかけて調整してくださり、「明日はちょっとだるくなるかもしれません」と言われていたのですが、今朝、朝ごはんを食べて少ししたら本当にだるーく重ーくなって、抗いがたい眠気が……。

それで、ハム太のお昼寝に付き合って一眠りすることにしたのです。まだ12時にもなっていなかったと思いますが、目が覚めてみるとなんと15時半。そして、外がいつの間にが銀世界に!


f0370142_23411400.jpeg
大雪だとは予告されていましたが、お昼寝の間に世界の色が変わっちゃうなんて、ちょっとファンタジーの世界に迷い込んだよう。ハム太に窓の外を見せてあげたら、わかっているのかいないのか、ニコッとしていましたよ。
幼い子どもにとって、何もかもが新鮮な反面、ここで銀世界を見る稀さはあまりわからないのだろうなあ。

夕方、夫の反対を押し切って駅前のスーパーへ。
どうしても買い物しなきゃご飯が作れないって訳ではないけど、外に出たかったの。
寒いのは好きじゃないけど、きっちり防寒して暖かな布に包まれて寒い中を歩くのは幸せ。
先日衝動買いしてしまったアルパカのニット帽も早速活躍してくれました。
雪の日の空気、好きです。
空気がちゃんと雪の匂いがするし、滑らないよう恐々歩くのも、楽しくて。
この、空気のつめたさ、手触り、さっくりと新しい雪に足を踏み入れる感触、これをテレビじゃなく窓越しじゃなく感じられるってなんて幸せなんだろう。ハム太にも味わわせたいなあ。危険なのでとても外に連れ出せませんが・・・。

テレビでは、入場制限がかかった駅で溢れかえった人々を映していて、雪を喜べるなんてまあ呑気な身分だからだなとは思いま下が、でも、楽しい。

夕ご飯は、あったまるように、ほうとううどんを作り、このところは毎晩ですが、猫たちにも湯たんぽを作ってあげました。

猫といえば、保護猫パリちゃんは、うちに来てからかなり元気になりました。
保護前は、今年の冬は越せないだろうということで家に入れたのですが、家に来てから少しだけ肉がつき、毛艶も良くなり、あと5年くらい生きられそうな雰囲気に。良いことではあるのですが、末期猫の最期を見届けるために保護しているつもりなので、なんだか複雑な気持ち……。笑

でも、今日のような雪の日に外にいたら、骨と皮だったパリちゃん、本当に凍死しかねないし、まだ外にいたら心配で胸が痛かっただろうな。やっぱり家に迎え入れておいてよかったです。

家族がそれぞれ、暖かくして眠っているのを眺めて、気持ちも暖かい夜でした。









by umitoramarine | 2018-01-23 00:14 | つぶやき | Comments(0)

マギーズ・プラン

またまたおひさしぶりになってしまいました。
無理しないぞと決めたら、ほんと描かないもんですね。普通の生活だとちょっとがんばらないとブログなんか書けないもの。。。

さらに最近は体調も今ひとつで、年末に始まった手の痺れが未だに治らないのです。
ここ数日は、地球の重力2倍になった?と感じるほど体が重く、歩いているとき、油が切れたかのように体が動かない・・・おお、これは、無理しようにもできないヤツだな、と感じました。

このところ、ハム太の夜泣きがひどくてよく寝ていなかったのです。その蓄積かなあ。
体が動かないと頭もぼんやり。昨日など、ある店で買い物したらレジカウンターに手袋を忘れ、さらにそこで買ったものを次に入った店に忘れてきてしまった・・・疲れてるのに、取りに行ったり余計な仕事を増やしてしまいました。

今日はハム太預かりの日だったので、ゆっくりするぞと心に決めておりました。
と言っても、縋り付かれて家事もろくにできないので、いない間にやりたいこと山積みで、やっちゃうんですけどね〜。
でも、家事をしてランチを食べながら、一人でゆっくり、借りっぱなしのDVDを観ました。
「マギーズ・プラン」という映画。
リンクを貼ろうと思ったけど、トレーラーが開くと同時に動画が大きな音で始まっちゃうのでやめときます。

ジャンル分けは苦手ですが、ラブコメディに入るのかなあ??
笑えるってわけでもないけど、微笑ましいような、安心して観られる映画。
ストーリーは置いておいて、この映画でわたしの目を引くのは色使い。
主人公のマギーのファッションや、住んでるお部屋のインテリアとか。
ややネタバレですが、マギーの夫の元妻のファッションとか。
どちらもとってもチャーミングな女性なのですが、色がそのキャラクターを表していていい仕事しているのです。

以前にテレビで、アメリカの大学の授業で、映画を作る時に主人公にどの色の服を着せるかという話をしていたのですが、服だけじゃなくて、映像全体として、色遣いのセンスがとってもいいのです。ただ綺麗なだけでなく、とても上手く使われている映画だと思いました。

主人公マギーのキャラクターのような、ちょっと地味に、人混みに溶け込みそうでいて、でも独特の温かいオレンジ、明るいイエロー、暖かな海みたいなグリーン、そんな色を見ているうちに癒されていくような。疲れてるときにぼんやり見るにはぴったりの映画でした。

温かいブランケットにくるまって、おやつを食べながらDVDを観る。
ささやかながら、幸せなひとときでした。






スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

by umitoramarine | 2018-01-16 23:55 | つぶやき | Comments(0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年も、マイペースに綴っていきます。
よろしくお願いいたします。

さて、みなさま、良いお正月を過ごされましたか?
わたしは、新年の誓い「がんばらない」を胸に、努めてがんばらないように過ごしました(笑)。

元旦は、お雑煮だけ作って、買った御節を頂いて、午後は猫ボラに行き、夜は毎年楽しみにしている「芸能人格付けチェック」を観て過ごしました。音楽とか芸術とか、「皆さんも御考えください」の部分はいつも夫と勝負して、勝ちます。ふふふ。
いつもバタバタと、息子の機嫌を取りながら隙を見て家事をしているので、3人揃ってテレビの前に座るというのも久しぶりでした。息子はわたしと夫に挟まれて機嫌よくしていて、楽しいひとときでした。

うちだけでなく、今年のお正月の東京は、以前よりのんびりに感じました。
数年前は、一日から開けている店が多くて、二日目ともなるともう通常通りのようだったのですが、
今年は二日、三日も休みだったり短縮営業が多く、街も人が少なめだったような気がします。

なんでも、人手不足で開けたくても開けられないとか。
でも、デパートの初売り商戦が加熱していて一日から開いていた頃は、働く人なんて本当に年末も年始もなく忙しかったと思うので、スローになってきてよかったと思います。
お店が開いていると助かるけど、誰だってゆっくりとお正月を過ごして欲しいもの。
それでも、公共交通機関で働く方や、警官さんや、お医者さんなどなど、絶対に休めない人もいるんですよね。
ありがたいことだと思います。

明日から多くの方は、いつもの生活に戻るのかな。
みなさまにとって穏やかで良い一年になりますように。





by umitoramarine | 2018-01-04 00:37 | つぶやき | Comments(2)