シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧

水族館は宇宙

今日、2時間くらい自由になる時間があって、何をしたいか考えていたらふと「海が見たいな」って思った。
名前にしているくらいだからね、海が好き。だけどもう長いこと見ていないかも。

家から2時間で行って帰って(ついでに夕飯の買い出しもして)来られる海は思い浮かばなかったけど、そういえば家からそう遠くないところに、水族館があるのを思い出した。そこは、元職場の近くでもあって、夜まで開いているので、仕事帰りに水族館なんてこともやろうと思えばできたんだけど、何年も通いながら結局一度もそんなことはしなかった。水族館の近くに住んで気が向いたら毎日でも寄れる環境だったらいいなあと、子どもの頃、夢見ていたけど、実際に手が届くようになったら結局、仕事が終わったらさっさと家に帰りたくなってた(あるいは、飲みに行くとか)。今年の夏、外で遊ぶにはあんまり暑すぎたので、息子を連れて行くために、初めてパスポートを作った。正規料金2回分でパスポートが作れるのだから安いものだけど、夏休みは混むので、結局あれ以来行ってない。

なので今日、息子抜きで、海の代わりに水族館へ行ってきた。息子の機嫌を取りながらじゃなくて、イルカのショーをゆっくり見たかったのです。イルカは大好きなんだけど、こうして狭い水槽に閉じ込められショーをさせられているのには複雑な気持ちになる。でも、イルカが天井近くまで跳ねたり、爽快なスピードで泳ぐのを見ると嬉しくなってしまうし、ショーが二度と見られないとしたら残念に思うと思う。イルカを始め、人間を楽しませてくれる動物たちには本当に感謝しないとね。

f0370142_23364615.jpeg


イルカショーを見終わった後、少し残って、自由に泳ぐイルカたちを眺めていたら、目の前を首も座っていない赤ちゃんを抱いた女性が通り過ぎた。まだ新生児くらいの子の首を支えて、イルカを見せている。と思ったら、その子から透明な管が伸びていて、それは隣に寄り添う男性の持った大きなバッグにつながっていた。たぶん、酸素ボンベだと思う。もしかしたら、この子はあまりこの世での時間を持っていなくて、だから本当はもう少し大きくなったらしたかったことをしているのかな……と思った。赤ちゃんを抱いたご夫婦は本当に嬉しそうで楽しそうで、そんな3人の記念写真を、連れの人が撮ってあげていた。わたしの思い違いだといい、あの笑顔はずっと中まで笑顔だといい、と思いながら、その場を後にした。

f0370142_23370758.jpeg



水族館に来ると、いつも、中学生の頃読んだ漫画のセリフを思い出す。
「水族館は宇宙」。
イルカが大好きで人とのコミュニケーションが少し苦手な男の子と、その子を好きになってしまった女の子のお話でした。


f0370142_23372438.jpeg
うん、水族館は宇宙だね。

[PR]
by umitoramarine | 2018-09-20 00:30 | つぶやき | Comments(0)
ハム太、2度目の予防接種に行きました。
今回は、前回打ったB型肝炎、肺炎、HIBの3本に4種混合が加わって、計4本。
1本目は、顔を歪めるだけで耐えたハム太(ガマンした!)、2本、3本と射たれるうちに耐えきれなくなって大泣き。
かわいそうでした。
注射が痛いのはまぁ仕方ないけれど、予防接種って本当に射ったほうがいいのかなーと、迷います。
わたし自身は、妊婦のときだってインフルエンザの予防接種も受けなかったな。あまり意味が無い気がするので。

わたしが通っている整体師さんはとても自然派な方で、御自身はお子さんはいらっしゃらないけれど、二人の甥っ子さん達には予防接種は受けさせないそうです。代わりに、小さな頃から整体(と言っても、痛いやつじゃなく、手を当てて身体の歪みを整えるような)をしてあげていて、健康ですよ、とのこと。まあきっと、だいたいの子は予防接種無しでも健康に育つし、「なにかあったときのためのリスク軽減」のためってことなんでしょうけど、アメリカに死に至るほどの食物アレルギーの人が多いのは、小さい頃の予防接種が原因じゃないかという説もあったりして……受けさせたほうが良いのかどうか。判断しようにも知識が足りないので、長いものに巻かれてしまっているのですけどね。。。

ちなみに、着衣で体重測定をしたら、6590g、なにはともあれ着実に育っているようでよかったです。

ハム太は3ヶ月になった頃から急に人間らしくなってきて、「えぶーえぶー」とよくしゃべるし、笑います。
先週だったか、ちょっと夫に預けて外出し、帰ってきたら、なんと声をだして「けたけた」と笑うようになっていました!

そして、初めてのお気に入りが出来たのですが、こちら。
機関車トーマスです。

f0370142_00212381.jpg


ハム太の父親は一応日本人ですが、生育環境からマルチリンガルで、一番得意な言語は日本語ではなく英語です。
わたし達の会話は日本語ですが、赤ちゃんというのは3ヶ月頃までに耳にしない音を聞き分けられなくなると本で読んだので、英語の本でも読んであげて〜と、クレヨンハウスから買ってきたのが大ヒット。

それまでは、わたしが趣味で集めていたものや、児童文学関係で頂いたりして家にあった日本語の絵本を読んであげていたのですが、トーマスには食いつきが違います。やっぱり男の子の乗り物好きは遺伝子に刻まれているのか・・・。夫がyoutubeなどで探したアニメを見せると、喜んで観ています。(わたしは、本当はまだ動画を見せたりしたくないんだけど、夫とわたしでは愚図り方も違うし、パイで泣き止ませるということもできないので、許容しています・・・)

「赤ちゃんの頃はあっという間よー」とたくさんの人に言われたけれど、本当ですね。
好きなものとか、個性も出てきて、あっという間に成長していくのに目を見張りつつ、嬉しいと同時にちょっぴり淋しい母でした。




[PR]
by umitoramarine | 2017-02-23 11:36 | ハム太郎のこと | Comments(2)
子どもの頃から、日々ご飯を食べるように、本を読んで来ました。
と言っても、高尚な文学に通じているわけでもなく乱読なのですが、読了した延べ冊数ならきっと、そんじょそこらの人には負けないのじゃないかなぁ。読むのも速いため、買うのでは追いつかず、図書館通いはずっと習慣のひとつでした。

そんな習慣も、ハム太が生まれて暫くお休みか……と思ったものの、どうしても本を読まずにいられず、図書館通いも止められなくて、わずかな隙を見て読書をしています。これまで、ベッドに入ってから眠りに落ちるまでは読書の時間だったけれど、今は隣にハム太がいるので灯りをつけられなくて、ブックライトを買いました。

ネットで買った1200円ほどのブックライトは、明る過ぎ、照らす範囲が広過ぎて駄目で、次に手に入れたのは100均のコレ。それでも明るいので、ガムテープを貼付けて、やっとちょうどいい明るさになりました。灯りが漏れないように角度を調整すると、本がめくり辛いという難点はあるけれど、それでもハム太に添い寝しながら本が読めて助かっています。

f0370142_15343730.jpg


そして、最近図書館で借りて読んだ本がこちら。

f0370142_06285749.jpg
決して、ゴリラの子育てを参考にしようと思った訳ではないのですが(笑)、やっぱり今この時期だから、他の動物の子育てにも興味が湧いてなんとなく手に取ったんです。

わたしは、動物が好きと言いながら、これまで猿類にはあまりにはあまり興味が無かったのです。
この本を読んで知ったのは、ニホンザルなどのいわゆるサル(monkey)とゴリラなど類人猿(ape)の違い。
猿類って赤ちゃんをくっつけたまま飛んだり走ったりしているイメージですが、それが出来るのはmonkeyのほうだけ。apeの赤ちゃんはmonkeyに比べると握力が弱く、お母さんにくっついていられるのもせいぜい2〜3分なんだそう。なので、みんな赤ちゃんを抱っこして歩くし、抱っこしてあげないと赤ちゃんゴリラはお母さんのおっぱいに届かないし、飲めないそうです。

そんなゴリラのうちの一頭が、出産したものの赤ちゃんを抱かずに床に放置している。観察日記はそこから始まります。そしたら、お母さんゴリラのお母さん(つまりおばあちゃん)が赤ちゃんを抱き上げ、お母さんに「ちゃんと抱きなさい」というように渡した……これって、野生では見られないことなんだそうです。お母さんは渡された赤ちゃんを抱っこしたけれど、やはりおばあちゃんに「抱っこしておいて」と渡したり、また返されたり。そんなふうに育てられた赤ちゃんゴリラがどう成長していくか……。気になってページを繰る手が止まらずでした。monkeyの子育てや、ヒトの心理学も引用しつつゴリラの子育ての考察がされているのですが、ゴリラって思っていた以上に人間に近いようで、でも人間よりずっと寛容な面もあって……いつの間にか、ゴリラを見習いたい気持ちにもなっていました(笑)。

この著者の方は、動物行動学ではなくて、人間科学研究科の教授なのですね。なので、人間の心理を研究する一環として、ヒトに近い霊長類の観察をされているのかと思います。動物好きはもちろん、心理学好きや子育てに熱心な方も面白く読める本だと思います。

これまで、4つ足動物が一番好きでしたけど、次に動物園に行ったら猿や類人猿に注目したくなりましたよー。




[PR]
by umitoramarine | 2017-01-30 06:24 | 本のこと | Comments(2)