シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:柳本史 ( 1 ) タグの人気記事

柳本史さんの版画展へ

柳本史さんの版画展へ行ってきました。
柳本さんのことは、つい最近papricaさんのブログにて知りました。
ちょうど東京で展示をされていたので行きたいなと思ったんだけど、お店のお休みの日とハム太の預かりの日が重なっていて・・・。諦め半分でいたら、猫の餌やり当番だった今日、「寒いから来ないで」とボラのおばさま達より連絡が。今日の東京は確かに寒く、わたしは一人現場から遠くていつも自転車で30分かけて通っているので気を遣ってくださったのです。でも、準備して出るところだったし、「行きます」って言おうと思ったのですが、「もしや、展示を見に行くチャンス!?」と閃いて、お言葉に甘えさせて頂きました。

展示会場のヤルクコーヒーさんは、井の頭線の西永福という各駅停車の駅にあります。今日初めて降りました。
駅前から続く商店街を抜けて、路地を入ったところでコーヒーの甘い香りが・・・と思ったらそこがヤルクコーヒーさん。
f0370142_23344012.jpeg
想像していたよりこぢんまりしたお店で、着いたときは満席。
カウンターの中では、銀色のやかんでお湯がしゅんしゅん湧いていて、店主さんとスタッフさん総勢4人で忙しく働いていらっしゃいました。コーヒーは、一杯一杯豆をひいて、ネルドリップで淹れてましたよ。

f0370142_23354826.jpeg
一つ一つ違うコーヒーカップ。
チーズケーキの鋭角や切り口が美しいなぁと見とれたのは初めて。

f0370142_23350213.jpeg

そして、ところどころに、柳本さんの作品が飾ってありました。
とっても素敵なお店で素敵な空間なんだけど、残念なのは、客席の後ろ壁に絵が飾ってあるので、近くで見られないことね。一つ一つの絵が結構小さいので、遠くからではよく見えなくて・・・。わたしはカウンターに座っていたので、振り向いてジロジロ見るのも失礼な気がしちゃって遠慮しつつ眺めていました。

どれも素敵でしたが、特に気に入ったのはこの絵。

f0370142_23341976.jpeg
明かりが反射しちゃってうまく撮れなかったんだけど、これは勝手にpapricaさんとpapricaさんの愛犬ガスちんのイメージ。ガスちんはボーダーテリアだからこれっぽっちも似てないし、papricaさんのお顔も知らないけど、わたしのイメージする二人の雰囲気にぴったり、と思いました。

そしてこちらは、うちの猫に似ているなと思って。
『午後』というタイトルだそうです。


f0370142_23351931.jpeg
うちの黒い猫、あるいは若かりし頃のパリちゃん、のような。
女性はわたしには似ていませーん。

この版画・・・買っちゃった。
すでにわたしの部屋に飾られております。

猫を抱く女といえば、わたしの部屋にはこんな絵もあるんだ。
まったく雰囲気が違いますが、この女性の人形のような不思議な雰囲気も好きなの。
こちらは、八木原由美さんという画家さんの版画。


f0370142_23360778.jpeg
ヤルクコーヒーさんの近くには大宮八幡宮という大きな神社があって、帰りにお参りしてきました。
おみくじを引いたら、中吉だったよ。
大吉より吉とか中吉が良いというもんね。
飛び上がるほど良いことはなくても、平和で楽しい一年になりますように〜。

f0370142_23362465.jpeg
で、ブログを書こうとして気づいたんだけど、わたし、柳本さんの作品を見るの、初めてではなかったわ(汗)。
なんと、今年の秋に、毎年恒例の「ペットショップにいくまえに」展で版画を見ていたようなのです。
道理で、papricaさんの紹介されていた柳本さんのインスタを見たときに「懐かしい」と感じたわけです。

でも、あの展示では、他にもたくさんの作家さんが出品されているので柳本さんの絵は記憶に残らず(焼き物などを多く出されていたようなのですが、会期終わりころに行ったので完売していたせいもあります)、papricaさんのご紹介によりやっと「出会えた」ということなのですね。新しい出会い、うれしいな。papricaさん、素敵な作家さんをご紹介いただきありがとうございました〜。


[PR]
by umitoramarine | 2019-01-07 00:39 | アート | Comments(4)