シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
先日、GINZA SIXのTSUTAYA書店で、読書で世界旅行をテーマに各地域ごとに選ばれた本が並んでいました。こちらはニューヨークセクションで見つけた本。

f0370142_15290888.jpeg

ニューヨークで貧乏(と本人が書かれている)デザイナーとして暮らす作者が、わたしもだいすきな漫画「動物のお医者さん」に憧れて、一人暮らしなのにハスキー犬チョビと暮らし始めてから、チョビが亡くなるまでをまとめたエッセイです。

わたしも、一人暮らしのときに猫を飼い始めたのですが、猫1匹でも大変なのに、犬(元々いる猫に加えて、なのです)、しかもハスキー、しかもマンハッタンで、です。しかも殆ど一目惚れで飼うことを決めてしまうのです。失礼ながら、大丈夫かこの人、と思いながら読み始めましたが、ユーモアがあって軽やかな文章に乗せられて読み進むうちに、こちらの身にも覚えがあるような数々トラブルに直面してはなんとか切り抜けようとする姿にいつの間にか自分を重ね、チョビが老いていくくだりでは一緒に胸が締め付けられ、最後は涙で本を閉じました。

作者の竹内さんも文中に同様のことを書かれているのですが、わたしも猫を飼っているけれど犬も大好き。犬派猫派じゃなくて動物派、と言いたいくらい動物好き。動物好きに悪い人はいない、かどうかは知りませんが、動物好きな人とは分かり合える、気がします。

(ご自身が)死ぬときにはチョビが迎えに来てくれたらいい、とも書いてあったけど、わたしも実は、世話している猫たちによく言うのです。できたら、その時は迎えに来てね、って。これまでご縁のあった動物たちが、うじゃら〜と勢揃いして来てくれたら、わたしはすごく嬉しいなあー。親戚とかに会うのは後で良いんで(笑)。

舞台のニューヨークですが、かれこれ15年以上前ですが、一度行ったことがあります。学生上がりの貧乏旅行で、ユースホステルに泊まって、地下鉄に乗って、一度なんかマンハッタンを徒歩で縦断したなぁ。クリーンではないけれど、美しく楽しい街でした。あの街で、独身で、大きな犬と暮らす。同じ街に暮らす人々との、犬を介してのやりとり。楽しいだろうなあ。大変だろうけど、絶対楽しいよなあ〜、と、本を読みながらちょっと夢も見られますよ。

動物好きさん、もしかして独身だけど犬や猫を飼いたくて迷っている人なんかにもオススメした一冊でした。
あ、ちなみに表紙はよく見たらヒグチユウコさんですね。
中には作者ご本人の書いたチョビのイラストもあって可愛いです。




[PR]
by umitoramarine | 2018-05-30 23:17 | 本のこと | Comments(2)
タイトルまんまですが、先日、はしもとみおさんの「おすわり犬を彫る」3時間のワークショップに参加してきました。
手のひらサイズの木彫りなら、自宅でもできるといえばできるのですが、なにしろ1時間でもなにかに集中するということが家では難しいので、夫が行っておいでと言ってくれたのです。

今回のモデルは、前に絵を載せたじゅんさん。むかーし、一緒にいてくれた子です。結局あれ一枚しか描けなかったけど、この日のために絵を描いて準備をしていたのでした。

3時間のワークショップのうち、だいたい最初の1時間が粗彫り、次の1時間が彫刻刀の彫りで、最後の1時間が色塗り+記念撮影みたいな時間配分なのかな? 今まで2回、みおさんのワークショップには出ていて、時間が足りないのは分かっているので、かなり集中してやりました。



f0370142_00543413.jpg

こちらは、粗彫り終わって彫刻刀に入って暫くしたとこ。顔の粗彫りをしたあと、自分でもどこがどこだか分からなくなって、みおさんに助けを求め、手伝ってもらったところです。左の削りかすはみおさんのもの。ひと削りが大きいです。

みおさんが、「口開けますか?」と訊いてくれたので「開けたいけど、難しいですよねー」と言ったら、「じゃあやりましょう! 1回口開けたのを彫ったら、閉じてるのが簡単に感じますよ〜」って言って、開けた口の作り方を彫りながら説明してくれました。

絶対のやり方があるわけじゃないし、一人でも彫れるんですが、やっぱり実際みおさんの手元を見られるのって全然違う。集中できるという以外に、ワークショップに参加する大きな利点ってそこですね。何度か見ているんだけど、見るたびにハッとさせられます(しかし、みおさんの彫りってほんと一瞬で、次の瞬間どんなふうに彫刻刀を動かしていたのかわからなくなります。笑)


f0370142_00543431.jpg

上半身をもっとどんどん彫りましょうとガイド(斜めの線ね)を入れてくれました。

いつものことだけど、木彫りのワークショップってほんと時間があっという間に過ぎます。みおさんも、手のひらサイズの彫刻でもワークショップ内で完成させるのはそもそも無理と言っています。みおさんがよく言われているのは、そもそも出来る訳がないんだから、失敗を恐れずにどんどん彫りましょうということなんですけどね。彫らなきゃただの木、だそうです。

それを踏まえて〜見て頂きたいのですが、ワークショップで作ったわたしのじゅんさんはこちら!
左は彫刻用に配られた木と同じもので、右はみおさんが彫ったモデルの月くん。

f0370142_00543407.jpg

夫はいつも、このお手本とのツーショットを楽しみにしています。というか、見比べては爆笑しています。失礼な〜ってかんじだけど、わたしも笑っちゃう。


f0370142_00543588.jpg

これまでほとんど猫ばかり彫ってきて、初めて犬を彫るので、顔だけ犬であとは猫と一緒になってしまわないか心配でしたが、ちょっとは犬らしく彫れた気がします。


f0370142_00543583.jpg

集合写真。みんなそれぞれ味があって、しみじみ見ちゃう。

初めて木彫りに挑戦してから2年。それほどたくさん彫ってもいないので、あまり成長を感じなかったのだけど、昔の写真を見ていたら、あれ?と思いました。

この写真。(夫はこの写真を見ると必ず笑えるので、ときどき見せてと言われます。)


f0370142_00543587.jpg
身体の横幅は全然減ってないし、脚も彫れていないし、顔もけっこうぺったんこ。ワークショップ終わってから続きを彫り直したので、もうこの姿じゃないんですけどね。

f0370142_00543542.jpg
これに比べたら、今回はかなり彫り進んでいるのではない!?
ちょっとずつではあるけれど、成長していることに気がつきましたー♪

さて、帰宅してから、はむ太が寝たあとなんかに目をこすりつつ彫って、着彩し直しましたよ〜。

今のじゅんさんは、こちら!

f0370142_00543673.jpg

耳を彫ってるときに、ぺきっと割っちゃってね、じゅんさんの最大の特徴である「中途半端に大きい耳」が作れなかったんですが、ちょっと雰囲気でてきてかな?


f0370142_00543612.jpg

色も、落ち着いてじっくり写真を見て塗り直し。なにか足りないと思ってたけど、口の周りの黒いとこ塗ったら近づいた気がする。


f0370142_00543628.jpg

今は、顔がかなり大きめに彫ってあるので、もっと顔を小さくしたら耳とのバランスが取れて近くなるなーと思ってるんですけど、今のところここで止めておきます。

そのうちまた、彫りたくなったら彫り直しできるのが木彫りのいいところ。
(みおさんは、だからヤスリをかけないのですって。ヤスリかけちゃったら、もう刃を入れられないからだそうです。)

そのうちまた挑戦しよう〜。







[PR]
by umitoramarine | 2017-05-23 16:36 | アート | Comments(7)