シーグラスはたからもの seaglass8.exblog.jp

アラフォーのわたしと夫と猫2匹の暮らしに、男児が一人加わりました(2016年11月)。おいしいもの、猫、本、アートと子育て日記。


by umi
プロフィールを見る
画像一覧
先日、GINZA SIXのTSUTAYA書店で、読書で世界旅行をテーマに各地域ごとに選ばれた本が並んでいました。こちらはニューヨークセクションで見つけた本。

f0370142_15290888.jpeg

ニューヨークで貧乏(と本人が書かれている)デザイナーとして暮らす作者が、わたしもだいすきな漫画「動物のお医者さん」に憧れて、一人暮らしなのにハスキー犬チョビと暮らし始めてから、チョビが亡くなるまでをまとめたエッセイです。

わたしも、一人暮らしのときに猫を飼い始めたのですが、猫1匹でも大変なのに、犬(元々いる猫に加えて、なのです)、しかもハスキー、しかもマンハッタンで、です。しかも殆ど一目惚れで飼うことを決めてしまうのです。失礼ながら、大丈夫かこの人、と思いながら読み始めましたが、ユーモアがあって軽やかな文章に乗せられて読み進むうちに、こちらの身にも覚えがあるような数々トラブルに直面してはなんとか切り抜けようとする姿にいつの間にか自分を重ね、チョビが老いていくくだりでは一緒に胸が締め付けられ、最後は涙で本を閉じました。

作者の竹内さんも文中に同様のことを書かれているのですが、わたしも猫を飼っているけれど犬も大好き。犬派猫派じゃなくて動物派、と言いたいくらい動物好き。動物好きに悪い人はいない、かどうかは知りませんが、動物好きな人とは分かり合える、気がします。

(ご自身が)死ぬときにはチョビが迎えに来てくれたらいい、とも書いてあったけど、わたしも実は、世話している猫たちによく言うのです。できたら、その時は迎えに来てね、って。これまでご縁のあった動物たちが、うじゃら〜と勢揃いして来てくれたら、わたしはすごく嬉しいなあー。親戚とかに会うのは後で良いんで(笑)。

舞台のニューヨークですが、かれこれ15年以上前ですが、一度行ったことがあります。学生上がりの貧乏旅行で、ユースホステルに泊まって、地下鉄に乗って、一度なんかマンハッタンを徒歩で縦断したなぁ。クリーンではないけれど、美しく楽しい街でした。あの街で、独身で、大きな犬と暮らす。同じ街に暮らす人々との、犬を介してのやりとり。楽しいだろうなあ。大変だろうけど、絶対楽しいよなあ〜、と、本を読みながらちょっと夢も見られますよ。

動物好きさん、もしかして独身だけど犬や猫を飼いたくて迷っている人なんかにもオススメした一冊でした。
あ、ちなみに表紙はよく見たらヒグチユウコさんですね。
中には作者ご本人の書いたチョビのイラストもあって可愛いです。




[PR]
by umitoramarine | 2018-05-30 23:17 | 本のこと | Comments(2)
最近、ブログの更新速度がめっきり落ちています。
実はね、ジムに入会したのです。
それで、隙を見ては夫にハム太を押し付けて、ヨガなりピラティスなりをやって、産後のぷよぷよは少しばかり締まってきたはずなんですが(体重計は変わりませんが、そう信じています)、引き換えに、絵を描いたりブログを書いたりする時間はグッとなくなりました。
あ、でも、「100枚の絵を描くプロジェクト」は無期限なので、投げ出したつもりはありませんよ〜。

さて、わたしにとって、どんなに忙しくてもどうしてもやめられないものの一つが読書で、図書館へは時々通っています。
うちから徒歩20分くらいのところにあるので、ベビーカーを押して行くこともあります。ハム太は、静かで自分の声がよく響くところへ行くと喜んで「あ!! あ!!」と叫ぶので、ゆっくりしみじみと本を選ぶ余裕はありませんが、人も本も、ひょんな出会いが良いご縁に繋がることがあります。

先日、ハム太が叫び出したので、帰らなければととっさに掴んだこちらの本。

f0370142_00252046.jpeg

一緒に借りた他の本を読み終わって、最後まで残っていた本ですが(せっかく借りても開くことなく返すことも度々あります)、おととい読み始めて見たら面白くてやめられず、次の日の辛さは承知で深夜まで読みふけってしまった本です。

自転車で7年半かけて世界一周をした紀行本で、3冊シリーズのうち3冊目(もちろん前の2冊は読んだことありません)。
前の2冊は違うようですが、こちらは食という切り口から各国で見たこと感じたことを書かれていて、食いしん坊のわたしにはおそらく前の2冊よりも興味をそそられる内容でした。

自転車で移動し、テントで宿泊するような旅なので、美味しいレストランの話などはほぼ出てきません。多分、わたしがその場へ行ったとしても、口にするのを躊躇するような屋台飯の話が多く、きっと美味しいものばかりではない。むしろ何度もお腹を壊している。でもなぜか、とても惹かれてしまうのです。

わたしは旅行が好きです。
初めての土地を行く高揚感、現地の人と話す楽しみ、不意に何かを理解して、視点が変わり見知らぬ土地が自分の居場所(単に地球の上のある部分)のように感じる瞬間、そしてまた急に襲ってくる孤独感も含めてー作者は描写や表現が上手くて、読んでいて自分が旅しているような気持ちにさせてくれました。

高級ホテルに泊まるような旅行も嫌いではないけれど、こういう現地の人に混ざって埃をかぶるような旅に心惹かれます。
わたしも若かったら、、、そして子どももいなかったら、、、などと、考えちゃった。
でも、わたしも多少は一人旅をしていて身に沁みてわかっているのですが、こういう旅は女性にはできないね。筆者も含めて、男性ももちろん危険な目に遭うことはあると思うのだけど、女性はその比ではない。

作者は行く先々で、現地の人の厚意でご飯をご馳走になったり、泊めてもらったりしているけれど、こういうときに声をかけてくれるのは男性が多いのです。多分、旅の人が男性だった場合は、一宿一飯の恩義は旅話で済むと思うのだけど、女性だった場合は女性ならではのことを求めて来られることが多くて。わたしも、旅行をしていて、幸い危険な目に遭ったことはないんだけれど、まあどこへ行っても「結婚してないの? 彼氏は?」と訊かれるし、親切にしていただいた後には、しつこくされたりとか、だいたい後腐れがあったなぁ・・・。

だから「またいつか!」って気持ちよく通り過ぎて来られるのって、男性ならではだと思うんですよね。
それがとても羨ましい。
これまであまり男性を羨ましく思うことはなかったけれど、この本を読んで、そんな感情が芽生えてきました。
そんな新しい感情に会えたのも嬉しいな。
前の2冊も読んでみようっと。





[PR]
by umitoramarine | 2017-11-17 01:24 | 本のこと | Comments(2)